review

斎藤工の代表作になりそうな「家族のレシピ」で猛烈にラーメンが食べたくなる。松田聖子が観音さま

日本とシンガポールの食のコラボ


日本人にとってラーメンはとてもポピュラーな食べ物で、美味しいラーメンの話題は、コミュニケーションに必須である。とりわけ最近、朝ドラ効果か、ラーメン(主として即席麺、カップヌードル)が熱い。そんななか、ラーメンの映画「家族のレシピ」(エリック・クー監督、斎藤工主演、シンガポール、日本、フランス合作)が公開される。
斎藤工の代表作になりそうな「家族のレシピ」で猛烈にラーメンが食べたくなる。松田聖子が観音さま
2019年3月9日(土)より、シネマート新宿ほか全国ロードショー
(C)Wild Orange Artists/Zhao Wei Films/Comme des Cinemas/Version Originale
2018/シンガポール・日本・フランス合作/日本語・英語・中国語/DCP/カラ─/ビスタ/89分/原題:RAMEN TEH

私は、試写を見ている間、終わったら絶対ラーメンを食べるという欲望が膨らみ続け、ほんとうに、帰りにラーメンを食べてしまった。
「家族のレシピ」がすばらしいのは、この無性に沸いてくる食欲が、ちゃんと物語の言わんとしているテーマと連動していて、映画を見終わって満足したあと、ご飯を食べて食欲が満たされたときに、もう一度、映画を噛みしめることができること。少なくとも、二度、必ず感動できる、すてきな映画である。

物語はシンプル。ラーメン店を営んでいた父(伊原剛志)を亡くした主人公・真人(斎藤工)が、既に亡くなった母の故郷であり、父と母が出会った地であるシンガポールに旅立つ。
なぜ、これまで父母がシンガポールの家族と連絡をとっていなかったか、その謎を真人は知り、絶たれた関係を修復しようと奮闘する。家族の絆を取り戻す鍵は、日本のラーメンとシンガポールの人気食・バクテー(肉骨茶)を組み合わせた〈ラーメン・テー〉だ。
斎藤工の代表作になりそうな「家族のレシピ」で猛烈にラーメンが食べたくなる。松田聖子が観音さま
2019年3月9日(土)より、シネマート新宿ほか全国ロードショー
(C)Wild Orange Artists/Zhao Wei Films/Comme des Cinemas/Version Originale
2018/シンガポール・日本・フランス合作/日本語・英語・中国語/DCP/カラ─/ビスタ/89分/原題:RAMEN TEH

斎藤工の代表作になりそうと思うわけ


真人が料理を作るシーンがいい。淡々と、ただただ誠実に調理している真人の姿が、かかる音楽の良さと相まって、精神性の美しさを感じる。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「斎藤工の代表作になりそうな「家族のレシピ」で猛烈にラーメンが食べたくなる。松田聖子が観音さま」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    聖子が観音さまだと、なら観ない。

    0
この記事にコメントする

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年3月9日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。