review

早く来た衝撃「どろろ」あのタブーシーンもちゃんと描かれた9話

アニメ『どろろ』(→公式サイト)。今日3月11日(月)22:00より、TOKYO MXほかで、第十話「多宝丸の巻」が放映される。
Amazon Prime Videoで毎話24:00頃から配信予定。
早く来た衝撃「どろろ」あのタブーシーンもちゃんと描かれた9話
EDテーマ「さよならごっこ」amazarashiジャケット

食べること、生きること


第九話は原作にもある、どろろの過去編。
少し改変はされているが(母親が強盗をしていない、武家の館を壊していない、など)、テーマに関わりそうな大事な部分は、かなりしっかり再現されていた。

中でも食人のシーンが残っていたのは、本当によかった。
原作では餓死で全滅寸前の村で、村人が村人を食っていた。アニメでは戦場で、生き残った武士が死体を貪っている。

どろろでは「現世の地獄」の表現と「生きる」描写のために、欠かせない部分だ。
対になるのは、母親がおかゆをもらうため、焼けただれても手にもってもらうシーン。
どちらも生きるための食の行動。食べるために奪うか、自らを犠牲にするかの違いが見える。
また以前、百鬼丸を育てた寿海が、戦場で死体の修復をしていたのとも対称的。
人の死体を大切な生命として見るかどうかの差だ。

原作では父親が、飢餓のあまり自分も死体に手を出そうとする瞬間もあるが、そこはカット。
アニメの父親の方が、誇り高い人間として、全体的に強調されている。
ここは第六話「守り子唄の巻・下」と通じる部分だ。母親が絶対身体を売らなかったことをどろろは誇りに思い、身体を売ってでも皆で生き延びようとしていたミオを褒めていた。

あわせて読みたい

  • 驚愕ポジティブ「どろろ」妖怪との共生

    驚愕ポジティブ「どろろ」妖怪との共生

  • 「どろろ」身体を売らない、売った選択

    「どろろ」身体を売らない、売った選択

  • 「どろろ」SNS阿鼻叫喚、体を売る少女

    「どろろ」SNS阿鼻叫喚、体を売る少女

  • 「どろろ」初めて聞いた音が残酷すぎる

    「どろろ」初めて聞いた音が残酷すぎる

  • レビューの記事をもっと見る 2019年3月11日のレビュー記事
    「早く来た衝撃「どろろ」あのタブーシーンもちゃんと描かれた9話」の みんなの反応 1
    • 匿名さん 通報

      前に川で魚とって飢えをしのいでたよね。

      0
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    新着トピックス

    レビューニュースアクセスランキング

    レビューランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    どろろ

    どろろ

    手塚治虫のマンガが原作のテレビアニメ「どろろ」のレビュー記事一覧

    トレンドの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    エキサイトレビューとは?

    エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

    その他のオリジナルニュース