review

「ジェ、ジェ、ジェジェジェのジェ~、夜は墓場でヒョンヒョンヒョン。どうも! ジェヒョンでーす!」

韓流アイドルのライブ映像やバラエティー番組を多数配信しているdTVで、NCT 127(エヌシーティーイチニナナ ※)の番組『NCT 127 おしえてJAPAN!』がスタートした。NCT 127が日本で更なる飛躍を目指すために、日本”ならでは”の授業を通して学んでいく番組で、6月9日(日)から第1回目の配信がスタートし、メンバーたちが日本語でのギャグ自己紹介にチャレンジした。現在、第3回まで配信されている。
「ジェ、ジェ、ジェジェジェのジェ~、夜は墓場でヒョンヒョンヒョン。どうも! ジェヒョンでーす!」
特別講師・篠宮暁(オジンオズボーン)が考案したギャグ自己紹介を披露するNCT 127のメンバー・ジェヒョン

(c)エイベックス通信放送

MCはアルコ&ピース。2人は、過去にAKB48やGENERATIONS from EXILE TRIBEなど人気若手アーティストの番組でもMCやナレーションを務めている。その経験からか、まだ日本のバラエティ番組に慣れていないNCT 127のメンバーたちを兄貴のように引っ張っている。第1回の「自己紹介」を教えてくれるゲスト講師は、オジンオズボーンの篠宮暁だった。

日本の番組だから見られるNCT 127の表情


「ジェ、ジェ、ジェジェジェのジェ~、夜は墓場でヒョンヒョンヒョン。どうも! ジェヒョンでーす!」
学生となったNCT 127がさまざまな課題にチャレンジしていく。一番後ろのカメラ側の席に座っているのが日本人のユウタ

(c)エイベックス通信放送

NCT 127のメンバーは、ジェヒョン、ジャニー、マーク、テイル、テヨン、ジョンウ、ユウタ、ドヨン、ヘチャン、ウィンウィンの10名(※番組にはウィンウィンは不参加)。2016年に結成されて今年で活動4年目に突入しているグループだ。覚えたばかりの日本語や、日本式のバラエティ番組に戸惑った様子だけを見ると想像がつかないが、歌やダンス、ラップの実力は高く評価されている。2016年の第1回 Asia Artist Awards新人賞をはじめ、毎年いくつもの歌唱やパフォーマンスに関する賞を受賞してきた。そして、4月に日本で発売されたアルバム『Awaken』の中の「Limitless」や最新曲「Wakey-Wakey」などを聴くと、かなり力強く且つクールなグループの印象を受ける。

しかし、番組の中での彼らは天真爛漫だ。第2回でチャレンジした「イケボ(=カッコいい声)」では、用意されたキザな台詞を1人ずつ言っていくのだが、恥ずかしがるメンバーもいれば、逆に自信満々な顔を見せるメンバーもいたり、互いのイケボを称賛したりなど、年齢相応の素直なリアクションを見ることができる。また、アルコ&ピースの平子がメンバー一人ひとりにセリフの言い方をアドバイスする場面で、平子のキザな演技に笑いをこらえたり照れたりしている様子も可愛い。

ドヨン「これでもまだ、男として見れないか?」

顔もメンタルも“うさぎ系”だというドヨンは、第1回の「自己紹介」でオジンオズボーン・篠宮が考えた自己紹介を照れてしまい思い切ってやりきることができなかった。それをバネにしたのか、第2回の「イケボ」では“うさぎ系”とは思えない、勢いある雄々しい演技を見せ一発で成功させていたのが印象的だった。

慣れない日本語や日本のバラエティ番組の空気感をまだ掴めず探りながらの収録だからこそ見られる、想像を超えたメンバーの対応力やそれを通して見える成長していく姿が、日本の番組ならではの見どころのひとつになっている。

NCT 127の日本人メンバー“たこ焼きプリンス”・ユウタ


NCT 127は、韓国はもちろんカナダやアメリカ、日本などの多国籍メンバーで構成されるグループ。中でも、やはり注目したいのは大阪出身のユウタの存在だ。番組内では日直のようにメンバーをまとめている。「まだNCT 127を知らない」という状態で番組を見ても、まずは韓国語と日本語を使ってコミュニケーションのサポートをしているユウタを追っていれば安心だ。
「ジェ、ジェ、ジェジェジェのジェ~、夜は墓場でヒョンヒョンヒョン。どうも! ジェヒョンでーす!」
大阪出身の“たこ焼きプリンス”・ユウタは心理テストであるものの絵を描いたが……(第3回)

(c)エイベックス通信放送

ユウタは2011年の「SMグローバルオーデション」をきっかけに、SMエンターテインメントの練習生となった。歌やダンスだけでなく韓国語も熱心に学び、NCT 127としてデビューする前には韓国のトークバラエティ番組『アブノーマル会談』(JTBC)へのレギュラー出演も果たしている。

ユウタは、『NCT 127 おしえてJAPAN!』では日本出身であることを活かして他のメンバーよりも難しいギャグにチャレンジしたり、通訳のように立ちまわったりしている。そんな様子から、度胸があるうえに気が利くメンバーなのだということがうかがい知れる。その性格からか、年下のメンバーや同じ外国(韓国以外)出身メンバーからは「優しい兄貴」と慕われているという。

最近は、TWICEのモモ、サナ、ミナや、AKB48からIZ*ONEに活動の場を移した宮脇咲良、矢吹奈子、本田仁美など、日本人が韓国の実力派グループで活動することも増えてきた。韓国語がわからなかったり、韓国のアイドルを知るきっかけがなかったりしても、彼女たちの活動の様子を動画配信サイトで見るとグッと来るものがある。ユウタがNCT 127の他のメンバーたちと関わっている様子も、見ていると同じように心を掴まれるかもしれない。

NCT 127メンバー、アルコ&ピース、そして日本のことも韓国のことも理解しているユウタというトライアングルで、『NCT 127 おしえてJAPAN!』をきっかけに日本でも飛躍していくことが楽しみだ。

番組の初回は6月9日(日)、第2回は16日(日)、そして第3回は23日(日)に配信されていて、今後も毎週日曜日の0時に最新回がアップされる予定(全6話予定)。dTVは、docomo利用者でなくても月額会員になることで視聴可能だ。なお、第1話は非会員の人も無料で視聴することができる。



番組概要


dTV
『NCT 127 おしえてJAPAN!』
6月9日から毎週日曜日よる0:00に最新話を更新

dTV特設サイト:https://video.dmkt-sp.jp/ft/s0007118
番組公式サイト:https:// video.dmkt-sp.jp/ft/s0007118?campaign=ghp10100290
番組公式Twitter:https://twitter.com/dtvxnct127

●NCT 127
東方神起、SUPER JUNIOR、SHINee、EXOらを輩出したSMエンターテインメント所属の多国籍ボーイズグループ。「NCT」は、Neo・Culture・Technologyの略で、「127」はソウルの経度が由来となっている。2018年5月に1stミニアルバム『Chain』で日本デビュー。2019年2月から初の日本ライブツアーを開催。そして、4月17日に1stフルアルバム『Awaken』が発売となった。4月24日から5月19日までアメリカとカナダの11都市で計12回に渡って開催した北米ツアーを成功させ、6月26日には初のライブ映像作品『NCT 127 1st Tour‘Neo City JAPAN The Origin'』を発売した。




あわせて読みたい

  • NCT 127、ツアーファイナルの地・さいたまスーパーアリーナ公演3デイズが開幕

    NCT 127、ツアーファイナルの地・さいたまスーパーアリーナ公演3デイズが開幕

  • NCT 127、六本木ヒルズで寒さも吹き飛ばすパフォーマンス

    NCT 127、六本木ヒルズで寒さも吹き飛ばすパフォーマンス

  • 東方神起の新たなる伝説の始まり、日産スタジアム3Days「ありがとう、そばにいてくれて!」/レポート

    東方神起の新たなる伝説の始まり、日産スタジアム3Days「ありがとう、そばにいてくれて!」/レポート

  • 東方神起 “ただいま”“おかえり”の約束を守り、前人未到の挑戦へ

    東方神起 “ただいま”“おかえり”の約束を守り、前人未到の挑戦へ

  • レビューの記事をもっと見る 2019年6月26日のレビュー記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    トピックス

    今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース インタビューの主要ニュース

    レビューニュースアクセスランキング

    レビューランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    トレンドの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    エキサイトレビューとは?

    エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

    その他のオリジナルニュース