review

「ノーサイド・ゲーム」最強チームを攻撃型ラグビーで叩き潰せ!迫真試合もドラマの展開もスピーディ5話

TBSの日曜劇場「ノーサイド・ゲーム」(日曜よる9時)。先週8月11日の第5話では、トキワ自動車のラグビー部「アストロズ」の選手たちが、リロード(地面に倒れてから立ち上って体勢を戻すこと)の時間を短縮するべく、大学レスリング部へ特訓に赴く。
「ノーサイド・ゲーム」最強チームを攻撃型ラグビーで叩き潰せ!迫真試合もドラマの展開もスピーディ5話
イラスト/まつもとりえこ

今回はレスリング部で特訓、君嶋の相手はあのアスリート!


前々回の相撲部屋に稽古に赴いたときと同じく、ゼネラルマネージャー(GM)の君嶋隼人(大泉洋)はなぜか一人だけユニフォーム(相撲部屋ではまわしだった)に着替えさせられ、選手と同じ特訓を受ける。しかも相手は、何と「霊長類最強」と呼ばれた吉田沙保里! 本気で体を固められる君嶋の姿は、かつて「水曜どうでしょう」で体を張っていたころの大泉洋を思い起こさせた。

それにしても、大関・栃ノ心、関脇・栃煌山に続いての大物アスリートのゲスト出演には驚かされた。もっとも、「ノーサイド・ゲーム」はレギュラー出演者であるアストロズの面々にも、現役のラグビー選手で日本代表キャプテン経験もある廣瀬俊朗(浜畑譲役)をはじめ、天野義久(本波寛人役)、齊藤祐也(安西信彦役)、佳久創(里村亮太役)など複数の元ラグビー選手が含まれる。それが劇中の試合に圧倒的なリアリティをもたらしていることは間違いない。

折しも、同じく日曜夜に放送中の大河ドラマ「いだてん〜東京オリムピック噺〜」では、終戦直後の水泳界のヒーロー・古橋廣之進を、同じく水泳界のレジェンド・北島康介が演じるとNHKから発表されたばかり。いずれもスポーツをテーマにしているのでつい比較してしまう両作品だが、アスリートの出演という点でもかぶっているのが面白い。
編集部おすすめ

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

レビューニュースランキング

レビューランキングをもっと見る

ノーサイド・ゲーム

ノーサイド・ゲーム

池井戸潤の同名タイトル小説をドラマ化。大泉洋がTBSの連続ドラマで初めて主演を務めた。左遷された男は低迷するラグビー部とともに再起することができるのか!? TBSにて、2019年7月7日〜9月15日放送。

お買いものリンク