review

ディーン・フジオカ「シャーロック」あれ?常識的になった獅子雄、若宮の影響?モリアーティ=守谷再び6話

ディーン・フジオカ「シャーロック」あれ?常識的になった獅子雄、若宮の影響?モリアーティ=守谷再び6話
イラスト/まつもとりえこ
獅子雄「ちなみに俺は、眠れなくなったことはない。眠りたいと思ったことがないからだ」
綾香「ふふ」
獅子雄「良い笑顔だ」

11月11日(月)放送のドラマ『シャーロック』(フジテレビ系)第6話。

原作に登場する“語られざる事件”の中から、今回は「カナリア調教師ウィルソンの逮捕事件」がピックアップされた。前世で「純ちゃん」を殺したと言いだす高校生・高遠綾香(吉川愛)。綾香の主治医であり、カナリアを飼っている精神科医の名前が「宇井宗司」というのは、“ウィルソン”から取ったのだろう。

宇井を演じたのは和田正人。宇井は、過去のトラウマからいつも自信がない。そのせいだろう、足を擦るように歩き猫背で実際の体よりずいぶん小さく見える。基本的にボソボソと話すが、自信がある特定の分野の話になると急に声が大きく饒舌になる。宇井の卑屈すぎてバランスの悪い側面を、隠しようがない程見た目に色濃くにじませる演技だった。

第2話・藍子(菅野美穂)回と比較。獅子雄が常識的に


獅子雄「へえ、なぜ精神科医に?」
宇井「弱者! 特に、心に傷を負った患者を救うためです」

第2話に登場した弁護士の藍子(菅野美穂)も、困っている人や弱者を助けたいと言っていた。博美を殺した藍子。綾香の記憶を操作しようとし恩師の平田初雄(伊藤洋三郎)を見殺しにした宇井。『シャーロック』は、安易に「弱者のため」と言葉にする者を疑う。2話、6話ともに、演出は野田悠介が担当している。

あわせて読みたい

  • 「シャーロック」ディーン木村拓哉比較

    「シャーロック」ディーン木村拓哉比較

  • 「シャーロック」遂に来たモリアーティ

    「シャーロック」遂に来たモリアーティ

  • 「シャーロック」ハイローファンも歓喜

    「シャーロック」ハイローファンも歓喜

  • ディーン×岩田「シャーロック」イイ!

    ディーン×岩田「シャーロック」イイ!

  • レビューの記事をもっと見る 2019年11月18日のレビュー記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    トピックス

    今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

    レビューニュースアクセスランキング

    レビューランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    トレンドの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    エキサイトレビューとは?

    エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

    その他のオリジナルニュース

    通知(Web Push)について

    Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。