review

小瀧望「決してマネしないでください。」30分に原作7話分の情報量!構成凄い4話

小瀧望「決してマネしないでください。」30分に原作7話分の情報量!構成凄い4話
理系大学生の掛田氏(小瀧望)がサークル仲間たちの応援を受け、大学の食堂で働く飯島さん(馬場ふみか)との距離を縮めようとさまざまな科学的アプローチを行う「よるドラ」『決してマネしないでください』(NHK総合、毎週土曜23:30〜、再放送毎週金曜25:10〜)4話。

「いつでも探しているよ」実写化


飯島さんに好感度を高めてもらうため、あれやこれやの努力をする掛田氏。その中で発した「飯島さんにはほめるところがないじゃないですか」という言葉を本人に聞かれてしまう。白石先生(マキタスポーツ)に「見るからにわかるところ以外をほめた方がいい」と言われての答えだったのだが、誤解を解き、お詫びするために彼女の好きなもみじ饅頭を獲得すべく奮闘する。

と、あらすじだけでは何も伝わらないのがこのドラマ。冒頭はクライマックスの「レーザー光線を前にたたずむ掛田氏」から始まり、映画の予告編のように、4話に登場するセリフを出演者たちが意味ありげに不穏に発している姿が次々と映し出される。30分のドラマにもかかわらず壮大な前振りがあり、なぜそんなことになったのかが時間を遡ってつまびらかになっていくというスタイル。今回は実験らしい実験はなく、また科学者のエピソードよりも名言に重きが置かれた回だった。

その中で今回も、3話に負けず劣らずじっくりと時間が使われるくだりがあった。「ほめるところがない」発言を聞いて研究室を飛び出してしまった飯島さんを掛田氏が追い、学校中を探し回るシーン。山崎まさよしの「One more time, One more chance」にのせて、ロケではなくなぜかスクリーンに様々な背景を映し出していろんなところを探している様子を表現する。最初からサビまでたっぷり。この時間は一体……。

あわせて読みたい

  • 小瀧望「決マネ」女性と交流するって

    小瀧望「決マネ」女性と交流するって

  • 注目のNHKよるドラ枠「決マネ」に期待

    注目のNHKよるドラ枠「決マネ」に期待

  • 「馬場ふみかカレンダー」ゆるくてよい

    「馬場ふみかカレンダー」ゆるくてよい

  • 男泣き「ルーズヴェルト・ゲーム」7話

    男泣き「ルーズヴェルト・ゲーム」7話

  • レビューの記事をもっと見る 2019年11月22日のレビュー記事

    \ みんなに教えてあげよう! /

    トピックス

    今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

    レビューニュースアクセスランキング

    レビューランキングをもっと見る

    新着キーワード一覧

    エキサイトレビューとは?

    エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

    その他のオリジナルニュース

    通知(Web Push)について

    Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。