review

ウザい東出昌大とウザい桐谷健太「ケイジとケンジ」好発進、対立する刑事と検事はどんなバディになるのか

       
1月16日よりスタートした新ドラマ『ケイジとケンジ 所轄と地検の24時』(テレビ朝日系)は、タイトルの通り刑事と検事がタッグを組むバディものである。つまり、刑事・仲井戸豪太(桐谷健太)と検事・真島修平(東出昌大)が協力し合って事件を解決するドラマ……だと思っていたのだが。
ウザい東出昌大とウザい桐谷健太「ケイジとケンジ」好発進、対立する刑事と検事はどんなバディになるのか
イラスト/たけだあや

少なくとも、初回はそんな内容じゃなかった。2人は協力なんかしないし、せいぜい強盗殺人の再捜査をする豪太に「とにかく物証を見つけてくれ」と修平がケツを叩いたくらいである。

2人は言い分が180度異なる。
「あなたがた刑事は捜査官、検事は法律家。捜査上のパートナーかもしれないが、あなたと僕では決定的に立場が違う」(修平)
「むかつくわ、あの上から目線。検察が上で、俺ら警察は下や言わんばかりに!」(豪太)
一国民の立場からすると、刑事と検事の関係性は意外と知らない。2人の主張は対立しているが、「検察の指示を受けて警察が捜査をする」という構図に間違いはないようだ。「警察が事件の被疑者を検察に送致してくる。それを我々検事が取り調べて、起訴する」(修平)というシステムを、やり取りの中でさりげなく説明してくれたのは勉強になった。

『ケイジとケンジ』が持つ新しさ


現在は対立している豪太と修平も、やがて共鳴するはず。役職を越え、刑事&検事が手を組む展開はバディものの新たな方向性である。2人の関係性がどのように変わっていくかは見ものだ。
何しろ、今作では事あるごとに縦社会(検察が上、警察が下)が強調される。修平の好きなみなみ(比嘉愛未)の兄に豪太がいるという関係性は、今後の肝になってくるはずだ。

あわせて読みたい

桐谷健太のプロフィールを見る
レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「西島秀俊」のニュース

次に読みたい関連記事「西島秀俊」のニュースをもっと見る

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年1月23日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。