review

「アメリカに負けなかった男〜バカヤロー総理 吉田茂」“目が笑っていない男”鶴瓶が見事にハマっていた

令和初の天皇誕生日の振替休日だった2月24日、テレビ東京開局55周年記念企画としてスペシャルドラマ「アメリカに負けなかった男〜バカヤロー総理 吉田茂〜」が放送された。主人公の吉田茂を演じたのは笑福亭鶴瓶。

じつは私は鶴瓶が吉田茂を演じる日を心待ちにしていた(5年ぐらい前にツイッターでそれを希望するツイートもしている)。単に風貌が似ているというだけでなく、おなじみの鶴瓶スマイルは「目が笑っていない」とも言われるだけに、交渉相手に対し、ときに表面では服従するように見せかけて内心では反抗する面従腹背の態度でのぞんだ吉田のイメージが重なったのだ。
「アメリカに負けなかった男〜バカヤロー総理 吉田茂」“目が笑っていない男”鶴瓶が見事にハマっていた
今回のドラマの原案となった麻生和子(吉田茂の三女)の回想『父 吉田茂』(新潮文庫)

吉田茂を演じた俳優たち


鶴瓶以前にもいろんな俳優が吉田茂を演じてきた。たとえば、森繁久彌が映画「小説吉田学校」(1983年)で演じた吉田は堂々たるものだった。森繁だけでなく、吉田の宿命のライバル・鳩山一郎役の芦田伸介も、吉田の愛弟子である池田勇人と佐藤栄作にそれぞれ扮した高橋悦史と竹脇無我も、保守勢力を結集させて自民党の誕生に陰で尽力した三木武吉役の若山富三郎もことごとく似ていて、そっくりさん大会の様相を呈していた。なお、「小説吉田学校」で宮澤喜一を演じた角野卓造は後年、三谷幸喜脚本のドラマ「わが家の歴史」(フジテレビ、2010年)で三谷のたっての希望で吉田に扮している。

このほか、吉田茂の登場する映像作品をあげれば、NHK特集「日本の戦後」では松村達雄、城山三郎の小説『落日燃ゆ』がNET〜テレビ朝日で1976年、2009年とドラマ化されたときにはそれぞれフランキー堺と津川雅彦(なお、津川は吉田以外にも東条英機、佐藤栄作、田中角栄と歴代首相を演じた経験を持つ)、近いところだと、「負けて、勝つ〜戦後を創った男・吉田茂〜」(2012年)では渡辺謙、「経世済民の男 鬼と呼ばれた男〜松永安左ェ門〜」(2015年)では伊東四朗、「どこにもない国」(2018年。以上3作ともNHKドラマ)では萩原健一が吉田を演じた。萩原が特殊メイクで吉田に似せたのは強烈だった。渡辺謙も敗戦国の首相がアメリカに立ち向かうというドラマの趣旨からすれば悪くはないが、実際の吉田は小柄だっただけに、身長184センチの渡辺が演じるのは、ギャグマンガの二等身のキャラクターを七〜八頭身にしてシリアスな劇画タッチにしたような(具体的にいえばバカボンのパパをゴルゴ13のデューク東郷のタッチで描いたような)違和感が多少あった。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「「アメリカに負けなかった男〜バカヤロー総理 吉田茂」“目が笑っていない男”鶴瓶が見事にハマっていた」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    吉田茂って凄まじい「朝鮮人差別主義者」だよ。まともじゃない。

    0
この記事にコメントする

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年3月2日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。