review

綾野剛主演『ヤクザと家族』20年の描かれていない時間をも演じ切った2時間15分

綾野剛主演『ヤクザと家族』20年の描かれていない時間をも演じ切った2時間15分
(C)2021『ヤクザと家族 The Family』製作委員会

2時間15分は映画として長いか、短いか。『ヤクザと家族 The Family』(藤井道人監督)は、1999年、2005年、2019年と、ヤクザの世界に足を踏み入れた山本賢治(綾野剛)の十代、二十代、三十代と20年間もの長い時間を描いた壮大な内容を2時間15分にギュッと濃縮している。

【関連記事】菅田将暉×有村架純『花束みたいな恋をした』若い時間を愛おしく想い弔う物語

長く思えて長くない。大河ドラマや『ゴッドファーザー』と思ったら短すぎる。なんといっても綾野剛をはじめとした出演者たちの20年間の年のとり方が、さながら20年間撮影しているドキュメンタリー映画のように真に迫っていて、物語の世界にずぶずぶと引き込まれた。

“家族”を求め続けるヤクザの山本を綾野剛が演じる

綾野剛主演『ヤクザと家族』20年の描かれていない時間をも演じ切った2時間15分
(C)2021『ヤクザと家族 The Family』製作委員会

99年、両親を亡くし天涯孤独の山本がある日、たまたま助けた相手がヤクザの組長・柴咲博(舘ひろし)で、それをきっかけに組に入る。義理と人情で成り立った組の結束は固く、山本に血の繋がっていない“家族”ができた。

つるんでいた友人・細野(市原隼人)大原(二ノ宮隆太郎)も組に入り、若い力を組の仕事で大いに発揮して、6年。時代は21世紀。山本は店(キャバクラ)を任されるようになっている。

そこで働いている由香(尾野真千子)に惹かれた山本は不器用にアプローチをしていく。喧嘩は強いが、女性の扱いはうまくない。それはそれでそれなりに脂の乗った働き盛りの時代を謳歌していたところ、柴咲組と敵対する侠葉会の若頭・加藤(豊原功補)と若頭補佐の川山(駿河太郎)との関係が悪化し、柴咲が狙われる。

綾野剛主演『ヤクザと家族』20年の描かれていない時間をも演じ切った2時間15分
(C)2021『ヤクザと家族 The Family』製作委員会

プライドを賭けた闘いののち、時は2019年。柴咲を守るために川山を刺した柴咲組の若頭・中村(北村有起哉)の身代わりで刑務所に入った山本がようやく出所してくると、世界はすっかり変わっていた。暴対法でヤクザは社会から排除され、柴咲組も風前の灯。仲間の細野は足を洗い“家族”を作っていた。

19歳でコワイものなしで粋がっている山本、25歳になって一端のヤクザの貫禄のついた山本(でも女性扱いが苦手)、刑務所暮らしですっかり牙を抜かれたふうな山本……。そんななかで、常に山本が求めているのは“家族”である。

寄る辺のない山本を迎え入れてくれた柴咲のために働く。何かあれば皆で食事をし、酒を酌み交わす。柴咲のために命を賭け、刑務所に入る。戻ってきたとき、柴咲組はまた迎えてくれる。

だが、細野のように、妻子のために組を抜ける者もいる。山本もまた、新しい家族を作りたい思いにかられる。彼は由香を想う……。

綾野剛主演『ヤクザと家族』20年の描かれていない時間をも演じ切った2時間15分
(C)2021『ヤクザと家族 The Family』製作委員会

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

トレンドニュースランキング

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2021年1月29日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。エキサイトニュースは、最新ニュースをすばやくお届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。