似てるけど「値段が全然違う!」 日本の海苔巻きと韓国の海苔巻きの違いは=中国

似てるけど「値段が全然違う!」 日本の海苔巻きと韓国の海苔巻きの違いは=中国
中華料理が世界3大料理に数えられることから分かるとおり、中国人の食に対するこだわりは強く、料理に対する関心も高い。最近、中国では主に若い世代の間で料理のレシピサイトが人気を集めており、日本料理に対する関心も高くなっている。(イメージ写真提供:123RF)(サーチナ)
 中華料理が世界3大料理に数えられることから分かるとおり、中国人の食に対するこだわりは強く、料理に対する関心も高い。最近、中国では主に若い世代の間で料理のレシピサイトが人気を集めており、日本料理に対する関心も高くなっている。

 中国の街中でも随分と日本料理店を見かけるようになった。徐々にではあるものの、日本料理が受け入れられるようになっている中国において、「日本の海苔巻き」と「韓国の海苔巻き」の違いに混乱する人もいるようだ。

 中国メディアの快報は5日、日本の海苔巻きと韓国の海苔巻き「キンパプ」は見た目がそっくりなのに、なぜ価格が全然違うのかと疑問を投げかける記事を掲載した。

 確かに、日本の海苔巻きとキンパプの見た目はほぼ同じであるゆえ、中国人からすればその違いがよく理解できないのはごく自然なことかもしれない。しかし、中国では寿司(すし)は高級料理として扱われ、海苔巻きも寿司として扱われているのに対し、キンパプは持ち帰りの形式で販売され、気軽に食べられる一般的な価格の食べ物として売られている。

 記事は、寿司の一種である海苔巻きとキンパプを混同すると、お金だけでなくメンツも失うことになると主張し、両者の違いを紹介した。まず1つ目の違いとして、「形の違い」を挙げ、海苔巻きとキンパプの見た目はよく似ているが、日本の海苔巻きは握り寿司やちらし寿司など、数々ある寿司のうちの一種であり、海苔巻きのなかにも太巻きや軍艦巻などの種類があることを説明した。

当時の記事を読む

サーチナの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

海外ニュースランキング

海外ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2017年5月11日の中国記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。