日本料理店を訪れて気付いた「自分は日本に対する偏見を持っていた」=中国報道

日本料理店を訪れて気付いた「自分は日本に対する偏見を持っていた」=中国報道
中国メディアは、日本に対する偏見の塊だった中国人女性の手記として、「中国の日本料理店に入ったら考えが変わった」と紹介する記事を掲載した。(イメージ写真提供:123RF)(サーチナ)
 訪日旅行者の増加などにより、中国では日本への正しい理解が広まり、偏見もある程度は是正されたと言って良いだろう。実際のところ、日本へ行ったことがなくても中国国内で日本に対する見方を変えることもできるようだ。中国メディアの今日頭条は2日、日本に対する偏見の塊だった中国人女性の手記として、「中国の日本料理店に入ったら考えが変わった」と紹介する記事を掲載した。

 記事の中国人筆者は、これまでかなりの反日派で、日本料理店が多い上海に住んで20年になるのに、日本料理店を一度も訪れたことがなかったそうだ。しかし、日本の良さを紹介する日本旅行記を読んで気持ちが変わり、家族3人で初めて日本料理店に足を踏み入れたところ、「これまで日本を嫌悪していたのが恥ずかしくなるほど」見方が変わったと紹介している。

 日本に来て日本を見直したという中国人は多いが、中国にある日本料理店も日本への理解を変えてくれるようだ。筆者は店に足を踏み入れた瞬間から、好感しかなかったと伝えている。静かな店内にレトロでおしゃれな内装など、「居心地の良い空間」を感じたという。さらに、日本料理には少しずつたくさんの種類を食べられる利点があり、食べ物を無駄にしない日本人の良い習慣も感じたと感心している。

 中国の料理店では、家族で入店すると大皿でいくつかの料理を注文し、みんなで取り分けるシステムが多い。筆者の家族は3人で、色々食べたくて4-5皿頼むとどうしても残ってしまうそうだ。持ち帰っても残り物を後で食べる気にはなれず、持ち帰らないのも罪悪感があると不満を伝えているが、中国では残り物に細菌が繁殖すると気にする人が多く、冷めたものを温めて食べることにも抵抗のある人が多い。

あわせて読みたい

サーチナの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年6月6日の中国記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。