セブン-イレブン「ダイソー」早期に全店販売 高まるワンストップショッピングニーズへ対応
セブン-イレブン・ジャパンの青山誠一取締役執行役員商品本部長兼物流管理本部長兼QC室管掌
 セブン-イレブン・ジャパンは28日、「DAISO(ダイソー)」商品の販売好調を受け早期に全店で販売していく考えを明らかにした。

 この日、商品政策説明会で発表した青山誠一取締役執行役員商品本部長兼物流管理本部長兼QC室管掌は「いろいろな商品が売れていることが確認でき、第1四半期(5月31日)までにできる限り全店でダイソーさんの商品を取り扱えるようにしていく。その中で、より売場を広げられるお店を検証しながら方針を決めていきたい」と語る。

 「ダイソー」商品の拡充は、コロナ禍で高まるワンストップショッピングニーズへの対応の一環。
 「コロナがこの後収束してもお客様の生活様式は変わらないとみており、ワンストップショッピングにきちんと対応していかないといけない。いろいろな商品を買い、そこで全て完結したいニーズがある」とみている。

セブン-イレブン「ダイソー」早期に全店販売 高まるワンストッ...の画像はこちら >>
セブン-イレブン・ジャパンの青山誠一取締役執行役員商品本部長兼物流管理本部長兼QC室管掌  この考えのもと、同社は自前主義を捨て「ダイソー商品」などを拡充する。
 「自前主義で用意していたら、いつかは達成できるのかもしれないが、その間にお客様に見捨てられてしまう。これまで間に合わせでしかなかった商品群の品揃えをきちんと拡大していく」と語る。

 「ダイソー」商品の拡充にあたっては、棚1本の約3分の2を占める4段展開を先行する。4段展開は1万500店(4月現在)を5月に2万店へ拡大し、5~6月に西日本エリアに順次推奨していく。

 大規模な棚3本展開は当面、現状の770店に留める。
 棚3本を多く展開している栃木県の店舗では、来店回数・買上点数ともに高いスコアを記録。「女性40~60代の構成が高く。ダイソー商品を2、3品ほかドリンク、フライヤー、ポケット菓子などと一緒に買われている」という。

おすすめ記事
  • セブン-イレブン「ダイソー」早期に全店販売 高まるワンストップショッピングニーズへ対応
    セブン-イレブン「ダイソー」早期に全店販売 高まるワンストップショッピングニーズへ対応
    セブン-イレブン「ダイソー」早期に全店販売 高まるワンストップショッピングニーズへ対応
  • セブン-イレブン「ダイソー」早期に全店販売 高まるワンストップショッピングニーズへ対応
    セブン‐イレブン 京王駅売店をFC化へ エキナカでも陣地争い活発化
    セブン‐イレブン 京王駅売店をFC化へ エキナカでも陣地争い活発化
  • セブン-イレブン「ダイソー」早期に全店販売 高まるワンストップショッピングニーズへ対応
    セブン-イレブン イスラエル初出店 来年に1号店
    セブン-イレブン イスラエル初出店 来年に1号店