スズキ初の自動運転車やPHEVも登場! 2代目ハスラーにも注目!【東京モーターショー2019】

小さなクルマづくりにこだわったスズキらしいコンセプトモデル

スズキは、第46回東京モーターショー2019に出展するコンセプトカーを発表した。同社は2020年に創業100周年を迎えるにあたり、次の100年に向けて小さなクルマ作りで培った技術を応用し、多くの人へ「自由な移動」と「実用だけではない楽しみやワクワク感」を提供することで社会へ貢献。「大きな未来」を切り拓いていくことを表現していく。



今回のブースには、四輪車、二輪車、電動車いすに加えてマリン製品も展示される。ブースのテーマは「WAKU WAKU SWITCH for EVERYONE つくろう、あなたのワクワクで、みんなのワクワクを。」となる。



メインステージには大型LEDモニターを設置し、大画面の映像演出でコンセプトモデル2種の車両紹介を行う。また、四輪サブステージにもコンセプトモデルを配置するという。



1台目のコンセプトモデルは、「WAKUスポ(ワクスポ)」と名付けられたコンパクトモデル。ドライバーの好みに合わせてクーペスタイルとワゴンスタイルを切り替えることができるという魅力的な1台だ。

スズキ初の自動運転車やPHEVも登場! 2代目ハスラーにも注目!【東京モーターショー2019】



懐かしさと先進性が共存したデザインは、シンプルなボディラインとしながらもクルマらしさを感じさせる3BOXデザインに。Aセグメントサイズながら存在感はバツグンだ。また、クーペ時とワゴン時ではグリルデザインも変更されるというこだわりっぷりだ。



インテリアも、クーペ時は助手席側まで大型ディスプレイが表示されるのに対し、ワゴン時はオシャレな木目調へ変わる。クルマの雰囲気に合わせた演出も用意されている。

スズキ初の自動運転車やPHEVも登場! 2代目ハスラーにも注目!【東京モーターショー2019】


あわせて読みたい

気になるキーワード

WEB CARTOPの記事をもっと見る 2019年9月30日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「トヨタ」のニュース

次に読みたい関連記事「トヨタ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「マツダ」のニュース

次に読みたい関連記事「マツダ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「日産自動車」のニュース

次に読みたい関連記事「日産自動車」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。