巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

「ステテコ」と「短パン」どう違う?

ステテコにはまったく見えません。

猛暑でステテコが大ブームだという。ステテコ履いたオヤジって、どう考えてもオヤジくさいと思っていたのですがそんなこともないらしい。でも、一見ステテコって短パンにも見えるけどその違いは何なのだろう? 素朴な疑問を、下着メーカーに聞いてみようと思い立ちました。

とりあえず下着といえばグンゼかな……と思い、グンゼに問い合わせたところ、「確かにメンズスパッツは夏冬ともに売り上げが上がっている傾向が見られますが、グンゼではステテコは作っていない」んだそう。
ありゃ意外……ということで、70年に渡り、肌着やリラクシングウエアを作っている(株)アズの運営する、「steteco.com(ステテコ研究所)」に改めて聞いてみました。

同社によると、ステテコとは過去のコネタ記事で紹介されているように、基本的に夏場ズボンの下にはく古くから日本にある下着のこと。高温多湿で蒸し暑い日本の夏にぴったりな、機能的な下着として昭和30年代におじさんたちの間で大流行し、ズボン下としても、家に帰ったらリラックスウエアとしてそれ一枚でも着れるものを指すそう。
どこが短パンと違うの? と突っ込んだところ、短パンとの違いは、やはりインナーとアウターで両用できること。綿クレープという、通気性と速乾性に優れた素材を使うことで、汗によるベタつきやムレを解消させ、また、クレープ素材の特長である“しぼ”という凹凸が伸縮性を持っているので、上からズボンを履いてもインナーとしてごわつかないことが大きな違い。
関連キーワード

ライター情報: カシハラ@姐御

広告会社などを経て、フリーランスライター。得意技は、飲酒とビアガーデン制覇。東京ビアガーデン制覇クラブ主宰。「メルマガ・週刊カシハラ」で気になるものを配信中。

2010年8月19日 10時00分

「「ステテコ」と「短パン」どう違う?」のコメント一覧 0

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!