bit

雨粒の形は“あんパン型”だった

いよいよ本州各地でも梅雨入りが発表された。梅雨と聞くと一般的には毎日雨が降ってジメジメしていてイヤ〜な季節と思う人も多い。しかし、この梅雨の季節があり雨が沢山降ってくれるからこそ、我々が生活していく中で自由に水が利用できるのであり、雨が降るということは実は非常にありがたいことなのである。そう思って辛抱しよう。

さて、「雨粒の形」といったらどんなものを思い浮かべるだろうか? おそらく、ほとんどの人にとっての「雨粒」は、某エアコンメーカーのキャラクターの顔の形でもある雫型だろう。しかし実際は全然ちがうのだ。

雨粒の本当の形は、底が平らであんパンのような感じなのだ。
雨は空中に浮かんだ雲粒がくっつきあって大きくなり、重くなって落ちてくるもの。そして小さな雨粒は更にくっつきあって大きな雨粒になっていく。1つの雨粒ができるには、数百万個もの雲粒が必要だ。
小さい雨粒の状態のときは、表面張力によってまん丸な形をしているが、落下しながら他の小さな雨粒とくっつきあいだんだん大きな雨粒となってくると、下の方からの空気の抵抗をまともに受けて徐々に雨粒の底が平らになっていく。

風洞実験(筒の中に方向の揃った空気の流れをつくる装置=風洞、を用いた流体実験)で落下中の雨粒の形を見てみると、直径1.5mmくらいまではまだまん丸い形をしているが、直径2.5mmくらいになるとだんだんお饅頭のような形になってきて、4mm近くになると、底が平らなあんパンのような形となって降ってくる。

ちなみに雨粒の成長の限界はだいたい直径6〜7mmくらい。これくらいになると1つの雨粒がいくつにもわれて再び小さな雨粒にもどる。あんパンがまたお饅頭に戻るわけだ。

雨粒の形、梅雨にちょっとして豆知識として話のネタにでもどうぞ。
(リップカレント)

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る 2006年6月12日のコネタ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

コネタニュースアクセスランキング

コネタランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら