bit

ディズニーランドのパスポート、“45歳以上”が割引の理由

ディズニーランドのパスポート、“45歳以上”が割引の理由
大人だって遊びたい!<br />(C)Disney
3月30日まで発売されているディズニーランドの「45PLUSパスポート」。過去に年齢で決められた割引を思い出してみると昭和58年に発売され現在は廃止された「JRのナイスミディパス」は30歳以上から割引だった。今のJR割引「おとなの休日倶楽部」は65歳以上と年齢設定がまちまち。今回割引年齢を45歳に設定した理由を関係者にきいてみた。
答えてくれたのは、オリエンタルランドの広報の方。

――なぜ45歳から割引なんでしょうか?
「子育てが一段落した年齢が45歳。ご夫婦でもお友達同士でも、ファミリーでもお使いいただける設定です。2007年からこのサービスはあったが名称が変わりました」
とのこと。なるほど、45歳というのは子供がある程度、大きくなったとみなされる年齢なのですね。女性の場合、結婚の平均年齢は28.8歳(2010年調べ)。そこから考えると子供が中学生になったら子育ても一段落というのが世間の共通意見のようです。

ところで、お年寄りの割引もはじめたディズニーランド。最近、割引が目につくな……と思って入場料を調べてみたら、なんと! 4年に一度の割合で300円~400円ずつ入場料を値上げしていました。ディズニー開園時の1983年には入場料は3,900円でしたが、現在では徐々に高くなり6,200円に。なんと30年の間に約1.6倍になっているのです。まったく気がつきませんでした。

ちなみに比較のためにハガキの値段を調べてみると1983年当時は40円でしたが現在は50円。わかりにくいのでタクシー料金で見てみると、1983年当時は東京で初乗りが630円、現在は710円で1.12倍。それほど値上げ率は高くにないように思えます。

あわせて読みたい

  • ディズニーランド、パリと東京の相違点って?

    ディズニーランド、パリと東京の相違点って?

  • コネタの記事をもっと見る 2013年2月13日のコネタ記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    トピックス

    今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

    コネタニュースアクセスランキング

    コネタランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    新着キーワード一覧

    コネタとは?

    B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

    その他のオリジナルニュース

    通知(Web Push)について

    Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら