review

追悼・飯野賢治「人生をゲームに賭けた男」特別寄稿■飯田和敏(ゲームクリエイター)

飯野賢治の葬儀には沢山の人が集まっていた。久しぶりに懐かしい仲間たちとも再会することが出来たが、会釈の後、どうしても二の句が継げない。
突然の事にみんな言葉を失っていた。

いまぼくは飯野賢治とのはじめての会話を思い出そうとしている。

それは1996年頃だっただろう。
『Dの食卓』が評判になり、メディアへの露出がはじまったころだったので風貌は知っていた。
ぼくも『アクアノートの休日』が話題になって、それなりに顔や名前が知られはじめたころだった。

なんらかのイベントですれ違った時、ふーん、あいつか、と思った。幕張メッセだったと思う。
トレードマークのスーツ姿、ロン毛の巨漢。険しい表情で、ズンズンズンと歩いていた。彼もぼくに気づいたのだろう、一瞬だけ視線がばっちり合った。
その日はそれでおしまい。ぼくは一緒にゲームを作っていたメンバーに「飯野賢治を見たよ」と伝えた。
ぼくらはまだ20代だった。世の中に勝負を挑んだ作品が評価され、満足と戸惑いを感じていた。さー、これからだ!と張り切る一方で、ただのまぐれかもしれないという不安もあった。

後日、雑誌で対談することになった。それが初対面だったと思う。会話の内容は掲載誌に記録されているが、「おうおう、オマエか最近調子づいてるのは」「そっちこそはしゃぎ過ぎじゃないの」と水面下ではつばぜりあいが繰り広げれていたと思う。こうしたことは埼玉出身者(飯野)と千葉出身者(飯田)にはよくあるパターンだ。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「追悼」に関する記事

「追悼」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「追悼」の記事

次に読みたい「追悼」の記事をもっと見る

トレンドニュースランキング

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。エキサイトニュースは、最新ニュースをすばやくお届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク