「自分が好きで、何度も聴いて、口ずさんでいる歌の意味を自分は本当に知っているのだろうか?」。

すべては、映画評論家・町山智浩のこんな疑問から始まった。
海外のロックの名曲、そこに込められた意味を明らかにして、新たに歌詞を訳し直すという連載をまとめた本書。

取り上げられている曲の中には、テレビやラジオで一度は聴いたことのあるものも少なくない。
その知っている曲が、イメージと全然違う内容だと本書で知った時の、驚きたるや。ずっと信じていた人に裏切られたかのような、思いもよらぬ衝撃がある。もともと、こっちの勝手な思い込みだったわけだけど。

たとえば、ポリスのヒット曲『見つめていたい』(1983年)。恋人への一途な想いを歌ったラブソングとして日本でも有名だし、私もそう思っていた。
ところが、曲の中で繰り返し歌われるフレーズ、「I’ll be watching you」の「watch」には「見つめる」の他に「監視する」という意味もある。
実は、離婚を経験した時期に書いたという作者のスティング曰く、「嫉妬と監視と所有欲」について歌った曲なのだ。
それを踏まえて訳し直された歌詞を見ると、これが鳥肌もの。

「息」や「動き」といった、一挙手一投足。かつて二人の愛を証明するために存在したはずの、「誓い」や「微笑」。
「僕」を捨てて行った「君」に関する、あらゆる事柄を挙げた上で、それを「ずっと見張っているからね」と彼女に語りかけるのだから恐ろしい。