review

タモリはどう語られてきたか3─呼び出された「いいとも」プロデューサー編

第1回第2回より続く

■“リスペクト・フォー・タモリ”ブーム
2000年前後ぐらいから、ふたたびタモリブームが訪れます。何がきっかけだったのかはよくわかりません。ただ、タモリが自分の趣味を以前にも増しておおっぴらにし始めたのがちょうどこの頃だったようです。2000年末にゲスト出演した「徹子の部屋」では、電車に乗り運転席の後ろから車窓を眺めていたところ、近づいてきた中年男性から「線路、やっぱりお好きですか」と聞かれた……という話を披露しています。21世紀に入ると「タモリ倶楽部」で鉄道をとりあげた回が増え、タモリ=テツというイメージはすっかり世間に定着しました。

同時期には、コージー冨田によるタモリのモノマネが、原口あきまさの明石家さんまのモノマネとセットで人気を集めました。そこで真似された「笑っていいとも!」の「テレフォンショッキング」での「髪切った?」というお決まりのセリフなどは、みんなが薄々感じていたタモリの変さを的確に表現したものだったといえるでしょう。

タモリについてはこのほか、サブカルチャー誌「クイック・ジャパン」のvol.41(2002年3月)で特集が組まれています。こうしたタモリブームを、消しゴム版画家でコラムニストのナンシー関は、《正確に言うと、「リスペクト フォー タモリ」ブームだ。タモリにリスペクトを捧げるのが流行っているのである》と評しました(「噂の真相」2002年3月号)。少し長いですが、引用すると……
編集部おすすめ

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

レビューニュースランキング

レビューランキングをもっと見る
お買いものリンク