bit

最近のバレーボールを観て不思議に思ったアレコレ(後編)

先日、「選手は失点しても凹まない」「監督は得点しても失点しても、わりと無表情」など、バレーボールを観て感じた様々な疑問について、『月刊バレーボール』編集部に伺った。
今回、引き続きその他の疑問もどんどん聞いてみたい。

1・そういえば、バレーボールでは、背番号がポジションで決まっていないの?
今回改めて観てみると、いちばん強いスパイクを打つアタッカーが2番だったり、12番だったり、バラバラに見えた。その一方で、キャプテンが4番をつけていたりすることが多い気がしたけど、ポジションごとに背番号は決まっていないのか。
「以前は、スタートポジションの後衛ライトから始まるサーブ順に、1→2→3→4→5→6と背番号を振るのが一般的でした。そのため、前衛のレフトに入る選手は4、エースが入るポジションでもあるため、4はエースナンバーでした。中学、高校あたりにはこの名残がまだあります。4はチームの大黒柱という感じです。また、1も伝統的にキャプテンが付ける番号のイメージが強いです」

2・サーブには、制限時間はないの?
「主審がホイッスルを鳴らして8秒以内に打たなければいけません。この時間を利用しての駆け引きもあります」
たとえば、木村沙織選手は、ホイッスルが鳴ってすぐに打ったり、あるいは、ギリギリまでじらして打ったりと、駆け引きを行うことが多い選手で、そうした部分に注目して見ると面白いそうだ。

3・ピンチサーバーは、何回出ても良いの?
編集部おすすめ

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

コネタニュースランキング

コネタランキングをもっと見る
お買いものリンク