bit

アメリカの学食は1年で7キロ太る? 宗教や食事制限に配慮した料理も豊富

米国の9月は新入学シーズン。新学年で新担任やクラスメート、それぞれが緊張と期待で始まる。特に大学生となると親元から離れて寮生活をスタートすることになり、ルームメイトとの相性や勉学の不安などで大きな心配も増えるようだ。

それでも寮に入ったならば、食事の心配がないのは嬉しいはず。一日三食、しっかり食べることが出来る。寮代にプラスでミールプランとして加算されるので、親にとっては厳しい選択になるかもしれないが。
今回はシカゴ近郊にあるノースウエスタン大学の学食の様子に迫ってみた。
アメリカの学食は1年で7キロ太る? 宗教や食事制限に配慮した料理も豊富
カフェテリア入り口、ランチ時は長蛇の列。学生証をスキャンして入場

今では日本の大学でも取り入れられているらしいミールプランだが、学期初期に一気にプリペイド式に支払ってしまうシステムで、学生証にアカウントが設定され、そこから毎食ごとに引かれていく。プリペイド式だと一食ごとに支払うよりは割安になるようだ。

ただ、日本のように「A定食」とか「かつカレー」(もちろん米国なのでこれらのメニューはない)などこちらから指定することはできない。今日は節約しなくちゃならないから「バタートースト」だけなんて事も不可能。
というのは、多くの場合「ビュッフェスタイル」が採用されており、ちょっと食べようがたくさん食べようが同じ値段の食べ放題バイキング(ドリンクバー込み)になっているからだ。
スターターとしてのサラダバーから締めとしてのデザートスイーツバーまで、カウンターを埋め尽くす。

アメリカでよく言われる「フレッシュマン15」(新入学生は最初の一年で15ポンド/約7キロ太る)は、こんなところから生まれた皮肉……というか実情があるのだろう。
編集部おすすめ

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

コネタニュースランキング

コネタランキングをもっと見る
お買いものリンク