bit

「しょうゆ卓上びん」生みの親は、ハワイ育ちの元僧侶にしてデザイン界の巨匠だった

       
持ちやすく注ぎやすい“とっくり”のような形状に、残量が一目でわかるガラス製のボディ、赤褐色の醤油とのコントラストも美しい、真っ赤なプラスチックの注ぎ口……。

どこでも見かける身近な存在なのに、よく見るとそのデザインにさまざまな工夫が見て取れる「キッコーマンしょうゆ卓上びん」。
「しょうゆ卓上びん」生みの親は、ハワイ育ちの元僧侶にしてデザイン界の巨匠だった
しょうゆ卓上びん 1961年

1961年の発売開始から、50周年を迎えた2011年までの間に、国内外で累計4億本以上が販売されたロングセラーだが、デザインを手がけた人が誰だかご存じだろうか。

デザインを手がけたのは、1929年生まれの工業デザイナー・榮久庵憲司(えくあん けんじ)氏。
「しょうゆ卓上びん」生みの親は、ハワイ育ちの元僧侶にしてデザイン界の巨匠だった
榮久庵憲司氏 Photo by Yoshiaki Tsutsui (C)AXIS

代表を務めるデザイングループ「GK(Group of Koike)」を母体に、数多くの工業デザインを手がけてきた人物で、たとえば成田エクスプレス「N'EX」や、秋田新幹線の「こまち」、地元広島の新交通システム「アストラムライン」のデザインもGKデザイン機構によるものだ。
「しょうゆ卓上びん」生みの親は、ハワイ育ちの元僧侶にしてデザイン界の巨匠だった
アストラムライン 1995年 (新交通システム車両)

そのほか世界初の真空断熱ステンレス魔法びんの原型や、ステレオアンプなどのオーディオ機器、ヤマハ・VMAXなどのバイクなどのデザインも手がけ、アジア初の国際インダストリアルデザイン団体協議会会長も務めたことなどから、インダストリアル・デザイン界の世界的巨匠として知られる人物なのだ。
「しょうゆ卓上びん」生みの親は、ハワイ育ちの元僧侶にしてデザイン界の巨匠だった
ステレオパワーアンプ B-6 1980年

「しょうゆ卓上びん」生みの親は、ハワイ育ちの元僧侶にしてデザイン界の巨匠だった
VMAX 2008年

また、その半生を振り返った著書『デザインに人生を賭ける』(春秋社)を読むと、かなり特殊な経歴を持っていることも分かる。

1929年に僧侶の息子として東京で生まれたのち、1歳から小学2年生までは一家でハワイに滞在。その後は父の寺のある広島での生活をはさみ、海軍兵学校や佛教専門学校(中退)を経て東京芸術大学の美術学部図案科に入学。原爆症で他界した父の後を継いで、一時は僧侶との二足のわらじを履きなが勉学を重ね、卒業を前にしてデザイナーとして一本立ちをしているのだ。

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

コネタニュースアクセスランキング

コネタランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2014年11月27日のコネタ記事

キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。