bit

巨人・井端弘和、2013年WBCでの大活躍! その活躍の裏側と心境とは

巨人・井端弘和、2013年WBCでの大活躍! その活躍の裏側と心境とは
2013年のWBCで一躍その名を日本中へ轟かせた男がいた。

その男の名前は井端弘和。

WBCでは、ブラジル戦において8回に代打出場して同点タイムリーを放つ。そして台湾戦でも、9回2アウト2ストライクと絶体絶命の中、起死回生の同点タイムリーを放つという獅子奮迅の大活躍を見せた。その後所属チームを中日から巨人へと変え、2014年シーズンでは、チームの一員としてリーグ優勝に貢献した。
そんな井端の著書「守備の力」(著:井端弘和/光文社新書)では、彼のWBCでの活躍の裏側やその時の心境が良く分かる。

■WBC召集時の心境
話はWBC召集時の話までに遡る。井端自身、その年のWBC時には年齢からいっても声がかかるとは思っておらず、「旅行でも行くか」程度の気持ちだった。とはいえ、いざ合宿が始まるとレギュラーを狙っていた若手時代の気持ちが思い起こされて、たとえサブでも、大事な場面で大仕事をしてやるぞ、という気持ちになったという。これを井端自身は、野球選手の本能のようなものと表現している。

■ブラジル戦での代打タイムリー
さて、ブラジル戦で同点タイムリーを打った場面の裏側。井端は、国際試合での投手は、外寄りの球で勝負してくることが多いと読んでいた。そのため、「しっかり球を呼びこんで、逆方向に逆らわずに打つ」ということだけを考えて打席に立った。結果、2球目を狙い通りにライト前に打つことが出来た。
打った瞬間、井端は右こぶしをベンチに向かって突き出し、1塁上でも大きなガッツポーズを見せる。井端いわく、自然に出たものであんな大きなガッツポーズは今までになかったのではないかと語っている。けして普段感情を出す方ではない井端が自然にそんなアクションが出るほど、WBCは特別な大会であることが分かる。

あわせて読みたい

  • プロ野球選手の自主トレって何をしているの?

    プロ野球選手の自主トレって何をしているの?

  • "巨人vs阪神"はじまりの球場は今!?

    "巨人vs阪神"はじまりの球場は今!?

  • "打撃投手"は過酷な仕事なのか?

    "打撃投手"は過酷な仕事なのか?

  • 日本球界のエース金子千尋が語る

    日本球界のエース金子千尋が語る

  • コネタの記事をもっと見る 2014年12月29日のコネタ記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    トピックス

    今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

    コネタニュースアクセスランキング

    コネタランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    新着キーワード一覧

    コネタとは?

    B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

    その他のオリジナルニュース

    通知(Web Push)について

    Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら