review

神谷浩史「TVシリーズは悔しかった」理由「劇場版 PSYCHO-PASS サイコパス」初日舞台挨拶

1月9日に公開初日を迎えた「劇場版 PSYCHO-PASS サイコパス」。ノイタミナで放送していた人気アニメが、1期、2期を経て劇場に登場した。
公開を記念した初日舞台挨拶がバルト9で行われた。登壇者は花澤香菜(常守朱役)、関智一(狡噛慎也役)、野島健児(宜野座伸元役)、神谷浩史(ニコラス・ウォン役)、そして塩谷直義監督
神谷浩史「TVシリーズは悔しかった」理由「劇場版 PSYCHO-PASS サイコパス」初日舞台挨拶
ドミネーターを構えた5人

初日舞台挨拶行脚をしていた5人。「PSYCHO-PASS サイコパス」の雰囲気に合わせて、黒を基調とした服でそろえてきている。かっこいい!
花澤「今日、何回か舞台挨拶をしたけど、関さん今がいちばんかっこいいですよ。狡噛ちっくです!」
「いやいや、狡噛ですよ!」

平日の夜にもかかわらず客席は満員。スーツ姿の男性の姿も目立つ(コスプレかと思ったらどうやらマジだ)。土曜日のチケットも劇場によっては売り切れに近い状態なのだそう。
「劇場版 PSYCHO-PASS サイコパス」の舞台設定について説明する花澤。満面の笑みと相槌で見守る関。
舞台は、100年後の日本。「シビュラシステム」という犯罪者予測システムによって管理された社会というディストピアSFだ。アニメシリーズは、理想的なシステムのように見えるシビュラシステムの正体と社会の問題に迫っていくような内容になっていた。劇場版は、そのシビュラシステムを外国に導入するところから始まる。

花澤「『PSYCHO-PASS サイコパス』は朱ちゃんの成長物語です。受け取る側としては……実際にこういう社会になってしまうんじゃないか。そうなったときに、朱ちゃんのようには、自分の考えを持って行動に移せないかもしれないと思います」

あわせて読みたい

この記事にコメントする

新着トピックス

\ みんなに教えてあげよう! /

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース