review

中谷美紀と水川あさみのドロドロ出版界愛憎ドラマ「ゴーストライター」今夜3話

中谷美紀と水川あさみのドロドロ出版界愛憎ドラマ「ゴーストライター」今夜3話
火9ドラマ「ゴーストライター」。ベストセラー小説家・遠野リサ(中谷美紀)が、若い才能を持つ川原由樹(水川あさみ)にバンバン追いつめられていくドラマだ。(写真は『光 中谷美紀写真集』 より)
火曜9時ドラマ「ゴーストライター」(フジテレビ系列)。中谷美紀が13年ぶりに連続ドラマの主役として帰ってきた。脚本は「僕の生きる道」「ブラザーズ」の橋部敦子。今夜、3話が放送される。

超ベストセラー作家・遠野リサ(中谷美紀)。彼女が出した小説は必ずミリオンセラーになり、実写映画はどれも大ヒットする。エッセイや講演でも引っ張りだこ。それでいて締め切りを一度も落としたことがない。リサはたった一握りの「成功した作家」だった。
満たされた完璧な日々を過ごしているように見えるリサ。けれど、彼女の作家生活には影が落ちつつあった。最新作の『エバーフレッシュ』の評判は「スランプ?」「かつてのキレがない」。リサ自身もそれもわかっているが、どうすることもできない。
家族との関係も破綻している。1人息子の大樹(高杉真宙)はリサを「遠野リサ」と呼び、ネットでのリサの悪評を読み上げて挑発する。認知症を患った母親は「あんたは私がいないとなんにもできないんだから」と繰り返す……。
そんなリサのところにやってきたアシスタント・川原由樹(水川あさみ)は小説家志望の冴えない女だ。地元の名古屋で就職、彼氏にプロポーズされ、「1年だけ」という条件で小説家を目指すために上京。さまざまな賞に投稿したが芽は出ず、そろそろ実家に戻ろうとしていた。
由樹の小説は、粗削りだが強い魅力を持つもの。由樹の小説を読んだ編集者は上司に「これを本にしたい」と掛け合うものの、「欲しいのはいい本じゃない。金になる本だ」と一蹴されてしまう。由樹はミーハー心と「小説家になる夢をきっぱり諦めさせてほしい」という思いから、リサのアシスタントとして働くようになる。

あわせて読みたい

  • マンガ『重版出来!』衝撃の展開

    マンガ『重版出来!』衝撃の展開

  • 出版業界にもう一度幸せはくるのか『重版出来!』

    出版業界にもう一度幸せはくるのか『重版出来!』

  • 紙の雑誌はどうすれば絶滅しないのか

    紙の雑誌はどうすれば絶滅しないのか

  • 気になるキーワード

    レビューの記事をもっと見る 2015年1月27日のレビュー記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    次に読みたい関連記事「本」のニュース

    次に読みたい関連記事「本」のニュースをもっと見る

    次に読みたい関連記事「出版」のニュース

    次に読みたい関連記事「出版」のニュースをもっと見る

    トピックス

    今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

    レビューニュースアクセスランキング

    レビューランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    トレンドの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    エキサイトレビューとは?

    エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

    その他のオリジナルニュース

    通知(Web Push)について

    Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら