review

細田守最新作「バケモノの子」を観てきた。あっちもこっちも父だらけ

細田アニメがどうしても描きたいもの


細田守監督作品は、辻褄が合わない。
わざとあざといカットを入れてくる。
説明不足な部分も多い。一方セリフで全部説明してしまうこともある。

それでも多少のムリは押し通してしまう。
なぜなら、どうしても描きたい理想があるから。
ムリしただけの映像を、ちゃんと見せてくれる。

「バケモノの子」で監督が描きたかったのは、父と子
イメージイラスト通りです。
細田守最新作「バケモノの子」を観てきた。あっちもこっちも父だらけ
いわゆる「ダメおやじ」を地で行く熊徹がなんだか愛しい『バケモノの子』。子供に本気の本音でぶつかって、一緒に育っていく、親代わり。

めっちゃたくさんの「父」


熊徹だけが父かと思いきや。
あっちもこっちも父性のオンパレードでした。

まず画面にいる熊徹。粗雑で、一人ぼっちで、乱暴で。連れてきた人間の九太とは本音で喧嘩ばかりして。
だけど、ついてきて「強くなりたい」という九太を、ちょっとずつ気に入って、仲良く喧嘩を繰り返す。
父性の中の「本音」と「共に育つ」部分、そしてとある重要な部分を担います。

彼と一緒にいるブタの百秋坊は、父性の中のにある冷静な「良心」。
皮肉屋の猿の多々良は「現実」を突きつける役割。
細田守最新作「バケモノの子」を観てきた。あっちもこっちも父だらけ
現実側は渋谷が舞台。序盤、渋谷の町の人混みを駆け抜けるシーンと、バケモノの町を駆け抜けるシーン、どちらもかなり凝った映像なので必見。

途中から出てくるヒロインの。彼女にも「父」が宿っています。
父性の中の「知識」「未来を考えること」「約束」。
男に置き換えても十二分に成立するキャラ(でもやっぱ女っ気ないからここは女の子がいいな!)。
後半の押しの強さには、まいったね。

そして、本当の父との出会い。

もう父だらけ。
たくさんの父の中には「これはどうなんだろう?」という部分も、多分ある。
ぼくはあった。でもあくまでも「細田守の理想」がこの作品。自分の意見とすり合わせるのも楽しみの一つです。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「細田守最新作「バケモノの子」を観てきた。あっちもこっちも父だらけ」の みんなの反応 1
  • 立松美保 通報

    難関大学を目指す❗なんて!ことでしょう

    1
この記事にコメントする

もっと読む

トレンドニュースランキング

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。エキサイトニュースは、最新ニュースをすばやくお届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク