review

地元にSKE48が、玲奈さんがいてくれて本当によかった…松井玲奈卒業までの1ヶ月間を追いかけてみた

きのうで8月も終わってしまった。夏の終わりに私が無性に聴きたくなる曲のひとつにSKE48の「花火は終わらない」がある。そこには「花火は終わらない 僕らの恋のように」という歌詞が出てくるのだけれど、あれを聴くたびに「終わらない」というのは反語的表現なのだと思う。だって花火も恋も必ず終わるものだから。そもそも世の中に終わらないものなどないだろう。

というわけで、きのう8月31日にSKE48の7年間の活動を終え、卒業した松井玲奈について書いてみたい。
松井玲奈の卒業を前にSKE48のもう一人の「松井」、松井珠理奈との対談も掲載された「AKB48グループ新聞」2015年8月号)

異例? 毎週のように地元でイベントが


SKE48は名古屋を拠点とする地元アイドルのはずなのだが、そのわりには地元との関係が希薄な時期が長かった。東京キー局制作のSKEの冠番組も、ほとんどが名古屋地区ではネットされず、地元局での冠番組もミニ番組をのぞけばあまり長続きすることなく、現在は残念ながら皆無である。

同じ48グループのNMB48やHKT48はすでにそれぞれの地元である近畿と九州でライブツアーを行なっているが、SKEはようやく結成6周年を迎えた昨年秋より全国ツアーを開始した。メンバーに出身者の多い三重県での公演もそこで初めて行なわれている。ただし東海三県のうち岐阜県ではまだ開催にいたっていない。

ようするに、地元でファンをやっていることにほとんどメリットが感じられないという状況がここ数年続いてきたのだ。それがこの8月、松井玲奈の卒業を前にして、15日にはポートメッセなごや(名古屋港・金城埠頭)で「松井玲奈と思い出争奪 名古屋横断ウルトラクイズ」、翌週22日にはポートメッセのお隣のリニア・鉄道館で「“鉄道ファン”松井玲奈 スペシャルトークショー」と地元でのイベントがあいつぐ。この夏「卒業する玲奈さんをできる範囲で追っかける」と自分のなかで誓った私はそれらに足しげく出かけた(以下、「松井」あるいは単に「玲奈」と呼ぶのもどうもしっくり来ないので「玲奈さん」と表記させていただくことにする)。

この記事の画像

「地元にSKE48が、玲奈さんがいてくれて本当によかった…松井玲奈卒業までの1ヶ月間を追いかけてみた」の画像1 「地元にSKE48が、玲奈さんがいてくれて本当によかった…松井玲奈卒業までの1ヶ月間を追いかけてみた」の画像2 「地元にSKE48が、玲奈さんがいてくれて本当によかった…松井玲奈卒業までの1ヶ月間を追いかけてみた」の画像3
編集部おすすめ

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

レビューニュースランキング

レビューランキングをもっと見る
お買いものリンク