「世界中の3DSにプログラムボムが仕掛けられた。このままでは爆発してしまう。プログラムボムを解除しようにも数々の謎と暗号で守られているため、爆発を阻止するためには謎を解くしかない」

9月2日に第一話が配信されたリアル脱出ゲーム×ニンテンドー3DS「超破壊計画からの脱出」のオープニングだ。名前から気づいた人もいるだろう、「リアル脱出ゲーム」でおなじみのSCRAPが全面的に監修している。
リアル脱出ゲーム×ニンテンドー3DS「超破壊計画からの脱出」がまるでリアルで凄い
超破壊計画からの脱出」はNintendo3DSのダウンロード専用ソフト。遊ぶためにはインターネット回線があった方がいい

リアル脱出ゲームとは? もともとはFlashゲームなどで流行した。プレイヤーは密室に閉じ込められている。謎を解かなければそこから脱出できない。その設定を現実世界でやってしまおうというのが「リアル脱出ゲーム」だ。会場内に散りばめられた謎を集め、暗号を解読し、パズルを解いて脱出する。もっとも重要なのは、制限時間内にチームで謎を解くこと。一人の力では解けなくても、他の人と協力することで思わぬひらめきを得て、脱出することができる。

SCRAPが主催するイベントは大盛況で、今やチケットがなかなか取れないほど。単発のイベントだけではなく、テレビ番組になったり、ゲームブックになったり、日本全国に常設のリアル脱出ルームができたり。そのSCRAPと任天堂が組んで、2年間の開発期間を経てリリースされたのが3DS用ソフト「超破壊計画からの脱出」なのだ。

しかし、3DSになっちゃったらFlashゲームに逆戻りなのではと思うひともいるだろう。実際、3DS用の脱出ゲームは数多くリリースされている。だが、「超破壊計画からの脱出」はきちんと「リアル」で、しっかりと「制限時間がある」「チームで謎を解く」の2点を再現している

この記事の画像

「リアル脱出ゲーム×ニンテンドー3DS「超破壊計画からの脱出」がまるでリアルで凄い」の画像1 「リアル脱出ゲーム×ニンテンドー3DS「超破壊計画からの脱出」がまるでリアルで凄い」の画像2 「リアル脱出ゲーム×ニンテンドー3DS「超破壊計画からの脱出」がまるでリアルで凄い」の画像3 「リアル脱出ゲーム×ニンテンドー3DS「超破壊計画からの脱出」がまるでリアルで凄い」の画像4