review

武田鉄矢の福沢諭吉登場「あさが来た」74話

朝ドラ「あさが来た」(NHK 月〜土 朝8時〜)12月22日(火)放送。第13週「東京物語」第74話より。原案:古川智映子 脚本:大森美香 演出:西谷真一
武田鉄矢の福沢諭吉登場「あさが来た」74話
イラスト/小西りえこ

74話はこんな話


夫・新次郎(玉木宏)や姑・よの(風吹ジュン)の許可も得たあさ(波瑠)は、五代(ディーン・フジオカ)を訪ねて東京にやって来た。その途中、あさは、
そうとは知らず福沢諭吉(武田鉄矢)とすれ違い、言葉を交わす。

武田鉄矢登場の前の、家族コント


よの「男やったら覚悟決めなはれ」
あさ「はい、おかあさま」
新次郎「え」
あさ「おかあさま、うちおなごどす」
鐘のおと
よの「あれま」
オープニングに。
ハハハー。ほのぼのコントでまとめているが、重要なことが語られている。
「おなごもおなごやからこそ、なおさらよけいに覚悟を決めなきゃあかんのどす」とよの。夫を亡くした彼女も、覚悟を決めているところなのだろう。
“子育てで目を離していい時は一時もない”という、三人育ててきた人の実感がこもった台詞も。
千代のことは自分たちに任せて、やりたいこと(商売)に励みなさいと言いつつ、「お婆ちゃん子」になっても知らないよと釘を差す。すかさず「お父ちゃん子」と対抗意識を燃やす新次郎が微笑ましい。彼が千代のところへ飛んでいくときのカメラにかなり寄った満面の笑顔がまたいい。玉木宏はこの役で、新しい領域に向かっている感じがする。

散歩の途中の福沢諭吉


「仕事のことやったら好きにしなはれ」とあさの背中を押すよの。その後で、うめ(友近)にこっそり「殿方とあやまちのないように」と言う。

あわせて読みたい

  • 新次郎VS五代が本気「あさが来た」72話

    新次郎VS五代が本気「あさが来た」72話

  • 夫婦愛に涙「あさが来た」71話

    夫婦愛に涙「あさが来た」71話

  • ひとでなしのあさ「あさが来た」70話

    ひとでなしのあさ「あさが来た」70話

  • お金がひとを殺す「あさが来た」69話

    お金がひとを殺す「あさが来た」69話

  • 気になるキーワード

    レビューの記事をもっと見る 2015年12月23日のレビュー記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    次に読みたい関連記事「半分、青い。」のニュース

    次に読みたい関連記事「半分、青い。」のニュースをもっと見る

    次に読みたい関連記事「花子とアン」のニュース

    次に読みたい関連記事「花子とアン」のニュースをもっと見る

    次に読みたい関連記事「ひよっこ」のニュース

    次に読みたい関連記事「ひよっこ」のニュースをもっと見る

    トピックス

    今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース インタビューの主要ニュース

    レビューニュースアクセスランキング

    レビューランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    あさが来た

    あさが来た

    『あさが来た』は幕末から明治、大正の時代に活躍した実業家・広岡浅子をモデルにしたNHK連続テレビ小説。

    トレンドの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    エキサイトレビューとは?

    エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

    その他のオリジナルニュース