review

「水曜どうでしょう」藤村忠寿が酒を飲みながらおじさんたちに絵本を読み聞かせるぞぉ〜

「夜空に うかぶ ちいさな ちいさな ものがたり。──最初のところだよ。みんな、本を開いて絵を見てていいんだよ」
「トマト色の太陽が 金の魚をひきつれて 西の森に 帰るころ──金の魚ってわかるかい? 俺も意味がわかんない。トマト色の太陽なんだねぇ」


4月22日夜、「水曜どうでしょう」の”藤やん”こと、藤村忠寿ディレクターが絵本の読み聞かせを行うイベント「ヒゲと絵本」が都内で開催された。といっても、読み聞かせる相手は子どもではなく、大人。”オヤジのオヤジによるオヤジのための絵本読み聞かせ”だという。
「水曜どうでしょう」藤村忠寿が酒を飲みながらおじさんたちに絵本を読み聞かせるぞぉ〜
ワイン片手に絵本を読み、酒を片手に聞く、おっさんのための読み聞かせイベント

ワイングラスを片手にガハハと笑い、グイグイ飲む藤村D。ワーワーしゃべり、またグイッとワインを飲む。豪快すぎる読み聞かせイベントが始まった。

なぜ、藤やんが絵本を読み聞かせるのか


登壇者は藤村忠寿ディレクター、絵本「ねむり妖精ウィックル」を手がけたイラストレーターユニット「r2」(下川恵・片山明子)、絵本の主人公である妖精ウィックル。藤やんと絵本、一見するとあまり関係がなさそうな両者を結びつけたのはFacebookだったとか。
「水曜どうでしょう」藤村忠寿が酒を飲みながらおじさんたちに絵本を読み聞かせるぞぉ〜
読み聞かせを担当するのはHTB名物プロデューサー“藤やん”こと、藤村忠寿

藤村 「昨年12月にね、Facebookなるものを始めたんですよ。”水曜どうでしょう”のサイトのシステムがあまりに古くて、会社のパソコンでしか打ち込めないものですから。そしたらね、この下川さんからメッセ−ジが来まして。かなり早い時期でしたね。一番最初の”ご相談”だったかもしれない」

あわせて読みたい

  • 震災後の「水曜どうでしょう」は〈藤村忠寿(藤やん)新刊インタビュー後編〉

    震災後の「水曜どうでしょう」は〈藤村忠寿(藤やん)新刊インタビュー後編〉

  • 〈鈴井貴之(ミスター)・新刊インタビューpart1〉「水曜どうでしょう」は“ハナキン”だった

    〈鈴井貴之(ミスター)・新刊インタビューpart1〉「水曜どうでしょう」は“ハナキン”だった

  • 「副社」は見た! ギャラの使い込み、多額の借金。ミスターのダメ歴史〈鈴井亜由美に聞く1〉

    「副社」は見た! ギャラの使い込み、多額の借金。ミスターのダメ歴史〈鈴井亜由美に聞く1〉

  • 副社が社長に! でも、仕事内容の変化は実質ゼロ!?〈鈴井亜由美に聞く2〉

    副社が社長に! でも、仕事内容の変化は実質ゼロ!?〈鈴井亜由美に聞く2〉

  • 気になるキーワード

    レビューの記事をもっと見る 2016年4月25日のレビュー記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    次に読みたい関連記事「本」のニュース

    次に読みたい関連記事「本」のニュースをもっと見る

    新着トピックス

    レビューニュースアクセスランキング

    レビューランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    トレンドの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    エキサイトレビューとは?

    エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

    その他のオリジナルニュース