review

2、3、4の数字に注目「べっぴんさん」1話

連続テレビ小説「べっぴんさん」(NHK 総合 月〜土 朝8時〜、BSプレミアム 月〜土 あさ7時30分〜)第1週「想いをこめた特別な品」第1回 10月3日(月)放送より。 
脚本:渡辺千穂 演出:梛川善郎
2、3、4の数字に注目「べっぴんさん」1話
イラスト/小西りえこ

今度の朝ドラ(95作目)は、神戸が舞台。裕福な家庭でおっとり育ったヒロインすみれ(芳根京子)が、戦争によって自立を余儀なくされ、ついには日本初の総合子供用品の会社をつくる。
「ものづくり」の心を大事にしたドラマになりそうだ。

第1回は、すみれがけっこう繁盛している会社の社長の次女として生まれたこと。言いたいことをうまく言えない不器用なところがあること。でも、はじめての刺繍がうまくできなくても頑張って再トライしようとする芯の強さをもっていること。お母さん(菅野美穂)は病気で入院していることなどが描かれた。

レビュー第1回は、キーになる3つの数字をあげておきたい。

べっぴんさんの「2」


ドラマのキーワードは「べっぴん」。
ヒロインの父親役・生瀬勝久が1話で早くも2回「べっぴん」と発する。
〈「生き方の美しいヒロインの姿」と「特別な品物」という、ふたつの意味を込めました〉と三鬼一希プロデューサーは「NHKドラマ・ガイド」で語っている。
「別嬪」と「別品」、ふたつの意味をもったこの言葉、もうひとつダブルの意味がありそう。決め台詞も兼ねたタイトルを狙ったのではなかろうか。
いままでの朝ドラには「じぇじぇじぇ」(あまちゃん)「びっくりぽんや」(あさが来た)「どおしたもんじゃろのう」(とと姉ちゃん)など、流行らせたい決め台詞が出てきたが、「べっぴんや!」「べっぴんだね!」みたいにふだん使える言葉がそのまま作品タイトルになるとは、なんてお得な! 

あわせて読みたい

  • 「花束を君に」が響く「とと姉ちゃん」

    「花束を君に」が響く「とと姉ちゃん」

  • 新しい読者を増やして「とと姉ちゃん」

    新しい読者を増やして「とと姉ちゃん」

  • あなたの暮し表紙の謎「とと姉ちゃん」

    あなたの暮し表紙の謎「とと姉ちゃん」

  • 「暮しの手帖」と小学生の格好いい感想

    「暮しの手帖」と小学生の格好いい感想

  • 気になるキーワード

    レビューの記事をもっと見る 2016年10月4日のレビュー記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    次に読みたい関連記事「半分、青い。」のニュース

    次に読みたい関連記事「半分、青い。」のニュースをもっと見る

    次に読みたい関連記事「連続テレビ小説」のニュース

    次に読みたい関連記事「連続テレビ小説」のニュースをもっと見る

    次に読みたい関連記事「ひよっこ」のニュース

    次に読みたい関連記事「ひよっこ」のニュースをもっと見る

    新着トピックス

    レビューニュースアクセスランキング

    レビューランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    べっぴんさん

    べっぴんさん

    NHK連続テレビ小説「べっぴんさん」のレビュー記事一覧。

    トレンドの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    エキサイトレビューとは?

    エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

    その他のオリジナルニュース