review

今夜『金曜ロードSHOW』で放送『ルパン三世 ルパンVS複製人間』を読み解く5つのポイント

       
『ルパン三世』の初めての劇場映画『ルパン三世 ルパンVS複製人間』が、今夜の『金曜ロードSHOW』で放送される。公開されたのは今から37年前の1978年、先週放送された宮崎駿監督『ルパン三世 カリオストロの城』より1年先である。
今夜『金曜ロードSHOW』で放送『ルパン三世 ルパンVS複製人間』を読み解く5つのポイント

公開時は79年の邦画としては9位となる配給収入9億円のヒットを記録。製作陣は公開3日後に第2作、つまり『カリオストロの城』のゴーサインを出したという(叶精二『宮崎駿全書』)。

『カリオストロの城』は多くの人に愛されている作品だが、一方、『ルパンVS複製人間』は“ルパンファンに愛されている作品”と言うことができるだろう。魅力的なキャラクター、スタイリッシュなアクション、アダルティーな描写、ブラックなユーモア、スリリングな展開、壮大な世界観などがギュッと詰め込まれた、実に『ルパン』らしい『ルパン』作品だ。
ここでは『ルパンVS複製人間』をさらに楽しむためのいくつかのポイントを記しておきたい。

1970年代のクローン事情


タイトルは「複製人間」と書いて「クローン」と読ませる。当時としては画期的だったクローン技術をモチーフにした物語だ。テーマ曲「ルパン三世’79」に乗せて、細胞核の移植と細胞が分裂して胎児になっていく受精卵クローンの様子を描いたクール極まりないオープニング映像が観客の度肝を抜いた。

映画が公開された78年は世界初の体外受精が成功した年であり、当時“試験管ベビー”という言葉が流行語になった。同時にクローン技術の話題も盛んになり、78年にはクローンをテーマにした映画『ブラジルから来た少年』が公開されている。また、『複製人間クローンマスター』というTVムービーも同年に製作された。つまり、クローンが世界的に旬の話題だったのだ。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2016年10月21日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。