review

本を読まなくても本についていっちょまえに話せる“エア”読書法

〈ある本について的確に語ろうとするなら、ときによっては、それを全部は読んでいないほうがいい。いや、その本を開いたことすらなくていい。むしろ読んでいては困ることも多いのである〉。
そんな大胆不敵な説を唱えるのが、この『読んでいない本について堂々と語る方法』だ。
本を読まなくても本についていっちょまえに話せる“エア”読書法
『読んでいない本について堂々と語る方法』ピエール・バイヤール著、大浦康介訳/ちくま学芸文庫

フランスの大学教授ピエール・バイヤールによる、“エア”読書指南書である本書。2007年に刊行されるや本国でベストセラーとなり、日本では2008年に翻訳され今年10月に文庫となった。

読んでいない本について堂々と語る偉人


一体どうすれば読まずに語れるのか?
著者は読んでいない状態を「未読の諸段階」として、
1.ぜんぜん読んだことのない本
2.ざっと読んだ(流し読みをした)ことがある本
3.人から聞いたことがある本
4.読んだことはあるが忘れてしまった本
の4つに分類。それぞれのケースにあてはまる古今東西の「読んだふり」を紹介する。

たとえばムージルの小説『特性のない男』に登場する図書館司書は、所蔵されている350万にも及ぶ書物について〈全部の本を識っている〉と豪語する。そのからくりは、350万冊すべての書誌情報を把握していることにある。著者・題名・分類・他の本との関係性といった情報を切り口に、読んでいなくても所蔵書について語ることができるのだ。

20世紀フランスを代表する文学者ポール・ヴァレリーの場合は、先輩作家を称えなければならない演説で読んだ振りをする。彼は実のところ、称えるべき相手を評価していなかった。そこで

あわせて読みたい

  • 海外刑務所事情、囚人の生き甲斐が読書

    海外刑務所事情、囚人の生き甲斐が読書

  • やる気を出したいときに読む本で対決。ブックレビューバトルが面白い

    やる気を出したいときに読む本で対決。ブックレビューバトルが面白い

  • 蒼井優で気づいたシェイクスピアの凄さ

    蒼井優で気づいたシェイクスピアの凄さ

  • 蜷川幸雄はなぜ俳優を脱がせるのか

    蜷川幸雄はなぜ俳優を脱がせるのか

  • 気になるキーワード

    レビューの記事をもっと見る 2016年11月6日のレビュー記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    次に読みたい関連記事「本」のニュース

    次に読みたい関連記事「本」のニュースをもっと見る

    トピックス

    > 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

    レビューニュースアクセスランキング

    レビューランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    トレンドの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    エキサイトレビューとは?

    エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

    その他のオリジナルニュース