review

「逃げるは恥だが役に立つ」最終回は冷静に考えるとなかなか酷い

『Kiss』(講談社)で連載中の人気マンガが原作のTBS系ドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』が21日最終回を迎えた。前回の梅原(成田凌)の「生きて会えるんだから」という意味深発言。生き死に問題を匂わせて少し強引に引きを作った感じはしたが、沼田(古田新太)との対面シーンの笑顔はすごい良かった。
「逃げるは恥だが役に立つ」最終回は冷静に考えるとなかなか酷い
イラスト/小西りえこ

参考→絶好調ドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』は原作でも星野源=津崎がヒロインだ

悪いヤツが居なくても事件は起こる


「逃げるは恥だが役に立つ」には、悪いヤツが登場しない。裏切りもなければ、別れもない。誰も死なないし、大病にもかからない。不可抗力の交通事故も起こらない。簡単に言うと、“嫌なこと”が起こらない。

悪役や嫌な出来事は、物語の山場を作りやすい。悪をくじけば爽快感が生まれるし、病気や人の死を乗り越えれば感動が生まれる。

この「逃げ恥」にももちろん山場は存在する。みくり(新垣結衣)が実家に帰ってしまったり、津崎(星野源)のプロポーズを断ったり、この話の根幹である契約結婚というのも大きな山場の一つだ。
全ての事件は、登場人物の弱さから起きている。このドラマは人間の弱さが人を傷つけているのだ。

例えば、みくりが実家に帰ってしまったシーン。津崎(星野源)の弱さが、みくりの夜の誘いを断ったことから起きてしまった事件だ。他にも百合(石田ゆり子)の臆病さが風見(大谷亮平)を傷つけている。
「逃げるは恥だが役に立つ」最終回は冷静に考えるとなかなか酷い
イラスト/小西りえこ

登場人物がよく考えるとひどいことしてる


この記事の画像

「「逃げるは恥だが役に立つ」最終回は冷静に考えるとなかなか酷い」の画像1 「「逃げるは恥だが役に立つ」最終回は冷静に考えるとなかなか酷い」の画像2 「「逃げるは恥だが役に立つ」最終回は冷静に考えるとなかなか酷い」の画像3
編集部おすすめ

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

レビューニュースランキング

レビューランキングをもっと見る

逃げるは恥だが役に立つ

逃げるは恥だが役に立つ

「逃げるは恥だが役に立つ」のレビュー記事一覧です

お買いものリンク