review

今夜 「ゆとりですがなにか」スペシャル。全然成長してねえ!前編はこんな感じ

1年ぶりに帰ってきた「ゆとりですがなにか」(日本テレビ)スペシャル「純米吟醸純情編」前編。

昨年の連続ドラマでは、いろんなことにぶつかって悩んで、成長したんだかしてないんだかわからぬまま、でも視聴者には爽快な気持ちを残して終わった坂間正和(岡田将生)、山路一豊(松阪桃李)、道上まりぶ(柳楽優弥)の三人、「ゆとり第一世代」の面々。あれから1年経って、彼らは……成長してない、やっぱりぜんぜん成長してない!
まりぶ「おっぱい前の社会人に挨拶しろよ」
イラスト/小西りえこ

ゆとりVSさとり、勃発?


正和は会社を辞め、兄とともに家業の坂間酒造を継ぐも、経営は厳しい。そんななか、酒蔵の土地にモノレール延伸計画が持ち上がった。莫大な立退料に目がくらむ家族に一人反対し、酒蔵を守ろうとする正和。とはいえ先行き不安で、人材派遣会社にも相談している。
派遣会社の営業、富田はマニュアル通りの感情のこもっていない笑顔を貼り付けながらも、自分はさとり世代だと語る。「(正和は)会社の利益より、個人のスキルアップを優先する世代ですよね?」「そういう失敗例を見て、悟った世代なんです」とばっさり。
この派遣会社営業・富田を演じるのがここ最近の宮藤作品のミューズとも言える清野菜名だ。映画「TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ」では地獄の住人として派手なメイクでベースをかき鳴らし、昨年の舞台「サンバイザー兄弟」では桁外れにバカな娘を演じた。宮藤作品には必ず愛すべきバカが登場するが、今回の清野もバカゆえにずばずばと正和の痛いところを突いてゆく。
編集部おすすめ

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

レビューニュースランキング

レビューランキングをもっと見る

ゆとりですがなにか

ゆとりですがなにか

宮藤官九郎が手がけるドラマ「ゆとりですがなにか」のレビューです。

お買いものリンク