review

「奥様は、取り扱い注意」7話。ようやく西島秀俊を疑い始めた綾瀬はるか。嘘を重ねる夫婦に新展開か

先週の『奥様は、取り扱い注意』(日本テレビ系)では綾瀬はるかのアクションシーンが登場しなかったが、打って変わった11月15日放送の第7話。

伊早山菜美(綾瀬はるか)がチャペルアテンダー時代を回想するモノローグがこの日のオープニングとなったが、拳銃片手の乱入者を撃退する際に菜美が見せた脇固めが藤原喜明ばり!
同作ホームページでは「菜美がアクションをしている間に、『#お仕置き』『#奥様は取り扱い注意』のハッシュタグをつけてつぶやいた人の中から抽選でオリジナルグッズをプレゼント」なる連動企画が告知されており、今後は毎週欠かさず綾瀬はるかの肉弾戦を堪能することができそうだ。
「奥様は、取り扱い注意」7話。ようやく西島秀俊を疑い始めた綾瀬はるか。嘘を重ねる夫婦に新展開か
イラスト/Morimori no moRi

夫以外からの愛情を欲する友恵を理解する優里


主婦友の友恵(霧島れいか)宅で開催されたチェロの演奏付きお茶会にお呼ばれした菜美と大原優里(広末涼子)と佐藤京子(本田翼)の3人組。ここで友恵は「大学時代に交際していた“初恋の人”を探してほしい」と菜美たちに依頼する。町内で3人は「探偵みたいなことをしている」という噂が流れていたのだ。

この依頼には理由があり、友恵は医師から余命半年を宣告されたと告白する。こういう時に支えになるのが家族だと思うのだが、優里は友恵に理解を示す。
「恋人に向ける愛情と家族に向ける愛情は質が違うからなあ。たぶん、今の友恵さんに必要なのは女であることを思い出させてくれる存在なのかも」(優里)
当の優里自身が、友人・桂子(宮下今日子)から誘われた合コンに参加してしまっている。これは夫・啓輔(石黒賢)の亭主関白ぶりに憤ったゆえの反動だが、彼女も“恋人に向ける愛情”に飢えているのだろうか?...続きを読む

あわせて読みたい

気になるキーワード

レビューの記事をもっと見る 2017年11月22日のレビュー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「向井理」のニュース

次に読みたい関連記事「向井理」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「高橋一生」のニュース

次に読みたい関連記事「高橋一生」のニュースをもっと見る

新着トピックス

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

奥様は、取り扱い注意

奥様は、取り扱い注意

ドラマ『奥様は、取り扱い注意』レビュー記事一覧。

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース