review

「わろてんか」90話。落語「死神」を使った仕掛けと、直後の「あさイチ」の展開が見事だった

連続テレビ小説「わろてんか」(NHK 総合 月〜土 朝8時〜、BSプレミアム 月〜土 あさ7時30分〜)
第16週「笑いの新時代」第90回 1月19日(金)放送より。 
脚本:吉田智子 演出:川野秀昭
「わろてんか」90話。落語「死神」を使った仕掛けと、直後の「あさイチ」の展開が見事だった
イラスト/まつもとりえこ

90話はこんな話


団吾(波岡一喜)がラジオに出ることを止めようと、風太(濱田岳)はラジオ局で待ち伏せるが、放送ははじまり、団吾はしっかり出演していた。

落語の使い方はうまい


話の構成が甘いにもかかわらず、視聴率は20%を保ち続け、ドラマに口うるさい層をやきもきさせている「わろてんか」。ここのところ、週平均視聴率は2週続けて20%を切っており、このまま下がっていくのか持ち直すのか気になるところではあるが、ながらく辛抱して見続けていると、ごくたまにキラリ流れ星をみつけて、報われる瞬間がある。それこそが長寿作品の良さでございます。

さて。
89話で団吾は「死神です」と藤吉(松坂桃李)の見舞いにやって来た。
師匠が風太をまんまと巻いて京都のスタジオで行ったラジオ初出演の演目は「死神」。貧しい男の元に死神が現れて、寿命が見える能力を授ける。おかげで金持ちになった男が、あるときその力を悪用してしまう、というようなお話。
この落語の使い方がうまかった。
16週の藤吉の生死にまつわるエピソードのみならず、ドラマの最初からの興味だった、藤吉がいつ死ぬのか問題と、「死神」の内容がうまくかかっていたのだ。
「わろてんか」における藤吉の寿命を、最終的に、主人公が死ぬのか、死なないのか・・・とやきもきする趣向になっている「死神」のように描いたということだろう。...続きを読む

あわせて読みたい

気になるキーワード

レビューの記事をもっと見る 2018年1月20日のレビュー記事
「「わろてんか」90話。落語「死神」を使った仕掛けと、直後の「あさイチ」の展開が見事だった」の みんなの反応 4
  • beer 通報

    最近の風太は、イラついて怒鳴ってばかりいるから、うっとおしい。

    9
  • 匿名さん 通報

    >文鳥を、団吾と間違えてしまったが、これは生放送ならではのご愛嬌)。   勘違いではなかったんですね。確かにアレ?と思いましたもの。

    4
  • 匿名さん 通報

    落語の死神、面白いですけど あのおどろおどろしい落語を演じるのは難しいですよね。

    4
  • 匿名さん 通報

    あさイチは見ていませんが、「時うどん」の演技がほぼ練習なしだったことは以前にラジオ番組でも語っていました。藤吉は芸が上手くない設定なのでそうなったとか言っていたと思います。

    0
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「あさが来た」のニュース

次に読みたい関連記事「あさが来た」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「あまちゃん」のニュース

次に読みたい関連記事「あまちゃん」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「ひよっこ」のニュース

次に読みたい関連記事「ひよっこ」のニュースをもっと見る

新着トピックス

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

わろてんか

わろてんか

NHK連続テレビ小説「わろてんか」のレビュー連載。

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース