review

「グッド・ドクター」俳優・山崎賢人の成長目覚ましい1話「大人になれないこどもをなくしたいです」

「大人になれないこどもをなくしたいです。みんなみんな、大人にしたいです」

7月12日(木)、木曜劇場グッド・ドクター(フジテレビ系列)の放送がスタートした。

フジテレビ系では初めてとなる山崎賢人主演ドラマ。初回の平均視聴率は11.5%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)だった。
原作は、2013年に韓国で制作・放送された同名ドラマ。2017年にはアメリカでリメイク版が放送されている。
「グッド・ドクター」俳優・山崎賢人の成長目覚ましい1話「大人になれないこどもをなくしたいです」
山崎賢人 ファースト写真集『現在地』(ワニブックス/2014)

「人の気持ちがわからない人間に医者は務まらない」


新堂湊(山崎賢人)は、自閉スペクトラムでサヴァン症候群の青年。幼い頃に出会った医師・司賀明(柄本明)に素質を見出され、東郷記念病院小児外科のレジデントとして働くことになる。
ともに働く医師たちも、患者であるこどもたちの保護者も、湊に厳しい視線を向ける。

自閉スペクトラムには、その行動をとることで相手がどういう気持ちになるか、忖度したり先回りすることが苦手な傾向がある。だから、正直に「そのままの事実」を伝えてしまい、トラブルや誤解の原因になることもある。
湊は入院していた将輝(嶺岸煌桜)に、まだ退院できないことや手術を控えている“事実”を聞かれるまままに伝えた。まだ息子にそれらを伝える心の準備ができていなかった将輝の母親は、動転してしまう。

将輝の母「先生たちは、自分のこどもをああいう人に任せられますか!?」

「ああいう人」という鋭い言葉の選び方。「ああいう人って、どういう人ですか?」と聞いても、上手く答えられないだろう。...続きを読む

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る 2018年7月19日のレビュー記事
「「グッド・ドクター」俳優・山崎賢人の成長目覚ましい1話「大人になれないこどもをなくしたいです」」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    30年くらい古いセンスのドラマ。ロジックも穴だらけ。あざとすぎて泣けないし。あれおかしいだろ?夜更かしが病気の原因かもしれんぞ。

    0
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

グッド・ドクター

グッド・ドクター

「グッド・ドクター」レビュー記事一覧

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース