review

僧侶だらけの大喜利大会、だが仏教用語はNG「お題法話」ってなんだ

葬儀や法事の席で、読経の後に話されることの多い法話
経典をよみあげるお経とは異なり、僧侶が自分なりの解釈を交えて、現代の言葉で仏様の教えを説くものだ。

9月2日、法話をテーマにしたトークイベントが開かれる。
異宗派の僧侶たちがお寺に集まり、客席から出たお題を使って、即興で自分なりの法話を披露する。
ルールは一つ。仏教用語を言わないこと。

「お題法話」とはどんな会なのか。
仏教イベントを企画運営する「仏教井戸端トーク」の主宰・増田将之さん(僧侶)と、事務局長の横川広幸さん(仏具の海外販売サイト代表)の二人に話を聞いた。
僧侶だらけの大喜利大会、だが仏教用語はNG「お題法話」ってなんだ
「仏教井戸端トーク」の増田将之さん(左)と横川広幸さん(右)

ハプニングな即興法話


──なぜ「お題法話」を始めたのですか?

横川 着想は、落語家が3つのお題目を使って演じる「お題落語」からでした。落語のルーツって法話なんですよ。江戸時代のお坊さんが、笑い話を混ぜて説法をしたのが始まりだといわれています。それなら法話でも落語と同じことをしてみようと考えました。

──落語のように面白いことを言って笑わせるのが目的ですか。

増田 もちろん、法話として成り立つことが前提ですよ。落語と違うのは、法話のオチはたった一つです。「仏様の教えを信じましょう」ということ。結局ネタは全員同じなのですが、オチへ向かうアプローチの方法によって、笑いが起きたり泣く人が出てきたり、まったく違う話に聞こえてきます。

横川 法話というのは通常、事前に用意した文章を話します。だから起承転結がちゃんとあって、いい話になる。だけどお題法話は何が出てくるかわからないから、ハプニング的な面白さがありますね。お題を上手に生かす人もいれば、無理やりねじ込んで笑わせる人もいる。お題を出す観客の役割も重要になってきます。

あわせて読みたい

  • 「シン・ゴジラ」なぜ海から現れるのか

    「シン・ゴジラ」なぜ海から現れるのか

  • 2大炎上スターが仏教に何を聞いたのか

    2大炎上スターが仏教に何を聞いたのか

  • 自分でつけても戒名料は払うべきなのか『父の戒名をつけてみました』

    自分でつけても戒名料は払うべきなのか『父の戒名をつけてみました』

  • 壇蜜と喪のエロス「終活読本 ソナエ」

    壇蜜と喪のエロス「終活読本 ソナエ」

  • 気になるキーワード

    レビューの記事をもっと見る 2018年8月31日のレビュー記事
    「僧侶だらけの大喜利大会、だが仏教用語はNG「お題法話」ってなんだ」の みんなの反応 2
    • 匿名さん 通報

      仏教界は、左翼や朝鮮人を追放して、元来の布教の精神を行う時じゃないか? まあ、いらんけど・・

      1
    • 匿名さん 通報

      そんなん言うたら「挨拶」も仏教用語じゃん。まあ真剣にやってる偉い人に茶々を入れたらあかんけど。昔の坊さんはその時代で屈指の知者であり人格者だったからね。この人たちもそうなんだろうと思います。

      0
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    新着トピックス

    レビューニュースアクセスランキング

    レビューランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    トレンドの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    エキサイトレビューとは?

    エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

    その他のオリジナルニュース