review

ダブル木村絶好調「後妻業」「何度でも恋したらええんやん!」中年の悪女に励まされてもええやん今夜最終話

ダブル木村絶好調「後妻業」「何度でも恋したらええんやん!」中年の悪女に励まされてもええやん今夜最終話
イラスト/まつもとりえこ
小夜子「なあ、あんた、柏木と寝たん?」
朋美「どうして」
小夜子「あんたのイヤリング、柏木のところにあったで」

3月12日(火)放送のドラマ『後妻業』(フジテレビ系)第8話。原作は黒川博行の同名小説だ。

内縁の夫との離婚で弱り切った朋美(木村多江)は、ホテルのバーで偶然に再会した柏木(高橋克典)の前で酔いつぶれてしまう。自分が取っていたホテルの部屋に、朋美を連れて行く柏木。それを見ていた探偵の本多(伊原剛志)。

小夜子(木村佳乃)は、紳士なイケメンじいさん・舟山(中条きよし)に熱をあげていた。しかし、舟山が結婚相談所に申告した財産はすべて嘘だった。舟山が詐欺師であることを小夜子が指摘すると、舟山は怒り小夜子に暴力を振るった。

嫉妬でチャーミングになる小夜子、ちょい悪になる朋美


小夜子「舟山さんは、特別や」
柏木「たかがカモに入れ込みすぎやぞ」

今回は、小夜子が舟山に惚れ、朋美が柏木のホテルの部屋に泊まったことで、小夜子、朋美、柏木、本多の4人の間に嫉妬心が生まれた。

昔なら、40代の男と女の間に渦巻く嫉妬は見苦しく「ドロドロ」とはやし立てられるために描かれたかもしれない。しかし、小夜子たちの嫉妬心は、それぞれのパーソナルの愛らしい面や人間らしい振る舞いを引き出す着火剤となっていた。

朋美のイヤリングを柏木が持っていることに気づき、小夜子はわざわざ東京まで「柏木と寝たん?」と確かめに来る。朋美のほうは、心療内科で薬を処方されるほど疲れているからか、それとも柏木と一晩過ごした余裕からか、いつものように口ゲンカに乗ってこない。...続きを読む

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る 2019年3月19日のレビュー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース