review

『「舞姫」の主人公をバンカラとアフリカ人がボコボコにす……』噂の「まいボコ」を読んでみた

かつて、教科書に載るような文豪でもない無名作家たちが、日本のエンタメ小説界をリードしていた。
時は明治20年代。国民の識字率は向上し、読書人口が増えてくるとともに、新しい娯楽読み物へのニーズが高まる。そこで生まれた「明治娯楽物語」を今に伝える異色の文学ガイドが、本書『「舞姫」の主人公をバンカラとアフリカ人がボコボコにする最高の小説の世界が明治に存在したので20万字くらいかけて紹介する本』だ。
『「舞姫」の主人公をバンカラとアフリカ人がボコボコにす……』噂の「まいボコ」を読んでみた
『「舞姫」の主人公をバンカラとアフリカ人がボコボコにする最高の小説の世界が明治に存在したので20万字くらいかけて紹介する本』山下泰平/柏書房
版元によると、タイトルの通称は「まいボコ」とのこと。

バズることに必死だった明治の無名作家たち


そもそも、誰が明治娯楽物語を書いていたのか?作者となったのは、売れない作家に編集者に新聞記者に学生など、文章力はあるもののうだつの上がらない人々だった。
売れる本を作って、儲けたい。そのためには手段を選ばない。最新のニュースに流行に、他の作品の設定だろうとネタに使えそうなら拝借し、さっさと物語にまとめて出版する。

粗製乱造された作品の数々を、著者は3つのジャンルに分類。講談師の話した内容を速記した「講談速記本」。犯罪者の人生や起こした事件を記録した「犯罪実録」。SF・冒険小説のはしりにもなった「最初期娯楽小説」。それぞれのジャンルの作品紹介と分析から、明治娯楽物語と現代の意外なつながりが見えてくる。

明治娯楽物語は、あの国民的漫画のルーツだった?


一山当てたい無名作家たちは、時に最先端の個性を持つキャラクターを生み出す。
たとえば、「豆腐市兵衛」こと桂市兵衛は身長140センチで肩幅も同じくらいある、コミカルな見た目と怪力が特徴だ。安土桃山から江戸時代に実在したともいわれるが真偽は不明。史実に沿うことが求められる歴史物で脚色しやすいキャラとして重宝され、講談速記本のあらゆる作品に登場しては、キャラが追加されていく。

あわせて読みたい

  • 「ごちそうさん」駆け落ち文士・室井幸斎は、明治時代の『もしドラ』作家・村井弦斎のオマージュだった

    「ごちそうさん」駆け落ち文士・室井幸斎は、明治時代の『もしドラ』作家・村井弦斎のオマージュだった

  • 「獅子の時代」「春の波涛」「八重の桜」。大河ドラマは明治をどう描いてきたか

    「獅子の時代」「春の波涛」「八重の桜」。大河ドラマは明治をどう描いてきたか

  • 大河ドラマ「真田丸」の予習に最適映画

    大河ドラマ「真田丸」の予習に最適映画

  • 近代小説とはダメ人間の歴史だった。豊崎由美『まるでダメ男じゃん!』

    近代小説とはダメ人間の歴史だった。豊崎由美『まるでダメ男じゃん!』

  • 気になるキーワード

    レビューの記事をもっと見る 2019年6月19日のレビュー記事
    「『「舞姫」の主人公をバンカラとアフリカ人がボコボコにす……』噂の「まいボコ」を読んでみた」の みんなの反応 1
    • 匿名さん 通報

      エクスプロイテーションノベルや

      0
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    次に読みたい関連記事「本」のニュース

    次に読みたい関連記事「本」のニュースをもっと見る

    新着トピックス

    レビューニュースアクセスランキング

    レビューランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    トレンドの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    エキサイトレビューとは?

    エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

    その他のオリジナルニュース