review

ディーン・フジオカ「シャーロック」熱湯・ツンデレ・プリン、岩田剛典の愛され要素。令和の東京と戦後7話

「血を見ることも、人生を歪ませることもなく、事件は終わった。いや、果たして本当に誰の人生も歪ませずに済むのだろうか。それは、この歪み切った男の手にかかっている」

11月18日(月)放送のドラマ『シャーロック』(フジテレビ系)第7話。

『シャーロック・ホームズの事件簿』の「サセックスの吸血鬼」で語られた「マチルダ・ブリッグス号事件」から「スマトラの大鼠」というワードがピックアップされた。原作では「スマトラの大鼠」が何を指しているのか不明。それを「ねずみ小僧」と掛け合わせ、戦後の焼け野原から復興した街「東京」と絡めた。
ディーン・フジオカ「シャーロック」熱湯・ツンデレ・プリン、岩田剛典の愛され要素。令和の東京と戦後7話
iイラスト/まつもとりえこ

熱湯・ツンデレ・プリン、愛されキャラ若宮


若宮「かつて歴史上の偉人が言っていた。『この世から嫉妬がなくなれば、戦争もなくなる』と。確かにそうかもしれない。でも、名もなき僕は思う。嫉妬がなければ、人は成長できないと」

いつも獅子雄(ディーン・フジオカ)が書くタイトルの文字を、今回は若宮(岩田剛典)が真似して「ワトソン」と書いた。これまでも若宮から漏れ出ていた獅子雄への対抗心と近づきたい気持ちが、ここではっきりと示された。

その後、すぐに獅子雄が半田ごてを使ってタイトルを焼きつけるように書き直す。そうはいかないと若宮をあしらっているかのようだ。

若宮の嫉妬の相手は、獅子雄の依頼人・羽佐間虎夫(はざま・とらお)。失踪したおじいちゃんを探している小学生だ。虎夫を演じた子役・山城琉飛は、ドラマ『モンテ・クリスト伯 -華麗なる復讐-』(2018年)のインフォマーシャルで、高杉真宙のこども時代を演じていた。

あわせて読みたい

  • 「シャーロック」いつか終わりは訪れる

    「シャーロック」いつか終わりは訪れる

  • 「シャーロック」ディーン木村拓哉比較

    「シャーロック」ディーン木村拓哉比較

  • 「シャーロック」遂に来たモリアーティ

    「シャーロック」遂に来たモリアーティ

  • 「シャーロック」ハイローファンも歓喜

    「シャーロック」ハイローファンも歓喜

  • レビューの記事をもっと見る 2019年11月25日のレビュー記事
    「ディーン・フジオカ「シャーロック」熱湯・ツンデレ・プリン、岩田剛典の愛され要素。令和の東京と戦後7話」の みんなの反応 1
    • 匿名さん 通報

      このタイトルの使い方だったので、もう少しベネディクトカンバーバッヂ風になるかと思っていたので期待はずれでした。

      0
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    トピックス

    今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

    レビューニュースアクセスランキング

    レビューランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    トレンドの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    エキサイトレビューとは?

    エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

    その他のオリジナルニュース

    通知(Web Push)について

    Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。