Sexy Zone菊池風磨、黒柳徹子にまさかの“セクシーサンキュー”<柚月裕実のWeekly“J”>
イラスト/おうか

柚月裕実の「Weekly“J”」#19<3月8日〜3月13日>

Sexy Zone 菊池風磨

アイドルファン歴25年超の筆者が一週間の出来事からトピックを紹介しようというこのコーナー。3月8日からの一週間より、印象的なトピックスをご紹介します。

【関連レビュー】Sexy Zone まだ見ぬ景色をもっと――渇望するように歌う新曲「NOT FOUND」

今回は3月12日放送の『徹子の部屋』(テレビ朝日系)に初出演したSexy Zone菊池風磨

黒柳徹子が、菊池の経歴を紹介したあとに、「あなた随分、背が高い?」と聞くと、

菊池「178センチあります」
黒柳「もうちょっと伸びるわね」

番組ならではの独特なテンションでスタートした。

「みんなセクシーなの?」という黒柳の直球の質問に、「セクシーでやらせていただいてます(笑)」。続けて「“セクシーサンキュー”ってどういうことなの?」。

またしてもストレートな球に、「“セクシーサンキュー”は、えっと、うちの最年長の中島が振られたときによく返す言葉が“セクシーサンキュー”で、普通のサンキューよりもセクシーになってます」と打ち返した菊池。

黒柳「どうやるの? やってみて」

それはケンティ(中島健人)の持ちネタ!と誰もがツッコミを入れたであろう場面だったが、指を鳴らしてキメ顔で

菊池「セクシーサンキュー」

BGMもないなか、「ああ、そういうの」黒柳の笑い声が響いた。

思わぬところで“セクシーサンキュー”菊池Ver.が拝めたミラクル。「徹子さん、ムチャぶりありがとうございます!」である。

父親はジャニーズにゆかりのある人物

中学2年生のときに自らオーディションに応募した菊池。菊池の父は嵐のデビューシングル「A・RA・SHI」の作詞を手掛けた菊池常利氏。「自分の力が試せない」と、親子関係を伏せてオーディションに臨んだという。