review

原作・朝霧カフカ書き下ろし脚本による舞台「文豪ストレイドッグス DEAD APPLE」開幕

原作・朝霧カフカ書き下ろし脚本による舞台「文豪ストレイドッグス DEAD APPLE」開幕
(C)舞台「文豪ストレイドッグス DEAD APPLE」製作委員会

原作・朝霧カフカ書き下ろし脚本による舞台「文豪ストレイドッグス DEAD APPLE」開幕

本日、大阪・COOL JAPAN PARK OSAKA WWホールにて、舞台「文豪ストレイドッグス DEAD APPLE」が開幕した。

本作の原作は、2018年公開の映画「文豪ストレイドッグス DEAD APPLE」。異能力者が次々に自らの異能を使い自殺するという不可解な「ヨコハマ連続自殺事件」を発端に、武装探偵社、ポートマフィアはそれぞれ、事件の犯人と目される男・澁澤龍彦を追い始め――。そして時を同じくして、澁澤と相見える太宰治と魔人・フョードル。遡ること6年前に勃発した<龍頭抗争>での因縁を経て、骸砦に集う三超人の思惑が、ヨコハマを深い霧闇に覆う。

原作・朝霧カフカ書き下ろし脚本による舞台「文豪ストレイドッグス DEAD APPLE」開幕
(C)舞台「文豪ストレイドッグス DEAD APPLE」製作委員会

原作・朝霧カフカ書き下ろし脚本による舞台「文豪ストレイドッグス DEAD APPLE」開幕
(C)舞台「文豪ストレイドッグス DEAD APPLE」製作委員会

原作・朝霧カフカ書き下ろし脚本による舞台「文豪ストレイドッグス DEAD APPLE」開幕
(C)舞台「文豪ストレイドッグス DEAD APPLE」製作委員会

この深遠な物語を舞台化するにあたり、原作の朝霧カフカが自ら筆を執り、自身初となる舞台脚本の書き下ろしを行った。原作映画の公開から3年が経つ今、舞台版では、公開当時にはまだ明かされていなかったエピソードや新たな側面をふんだんに盛 り込みながら物語が展開。登場人物である「武装探偵社」の中島 敦・太宰 治・泉 鏡花、ヨコハマの裏社会に巣食う「ポートマフ ィア」の芥川龍之介・中原中也、地下組織の盗賊団「死の家の鼠」の頭目であるフョードル・D、そして今作の鍵を握る美しくもおぞ ましい異能力を持つ男・澁澤龍彦の7名に焦点が当たる。

演劇ならではの俳優の身体表現や映像・照明を駆使した多彩な演出で熱い支持を得てきた中屋敷法仁の演出で、朝霧カ フカが紡ぎ出す珠玉の物語がより色濃く、さらに奥深く、役者の身体を通して彼らの生きざまが描き出される。

原作・朝霧カフカ書き下ろし脚本による舞台「文豪ストレイドッグス DEAD APPLE」開幕
(C)舞台「文豪ストレイドッグス DEAD APPLE」製作委員会

原作・朝霧カフカ書き下ろし脚本による舞台「文豪ストレイドッグス DEAD APPLE」開幕
(C)舞台「文豪ストレイドッグス DEAD APPLE」製作委員会

原作・朝霧カフカ書き下ろし脚本による舞台「文豪ストレイドッグス DEAD APPLE」開幕
(C)舞台「文豪ストレイドッグス DEAD APPLE」製作委員会

原作・朝霧カフカ書き下ろし脚本による舞台「文豪ストレイドッグス DEAD APPLE」開幕
(C)舞台「文豪ストレイドッグス DEAD APPLE」製作委員会

オフィシャルレポート

物語はヨコハマ、街の雑踏から始まる。武装探偵社の会議をさぼった太宰 治を探して走りまわる中島 敦。敦はその後、一人の老婆があわや交通事故という場面に出くわすが、奇妙な長髪の男の出現で事故は回避。敦にはどこか見覚えのあるその男こそ、6年前に起こった龍頭抗争の首謀者・澁澤龍彦だった。時を同じくして武装探偵社では、「異能力者連続自殺事件」の調査に乗り出しており、澁澤はその容疑者として名前が浮上していた。そして、そんな二人を取り巻くように、ヨコハマが深い霧に覆われる。

原作・朝霧カフカ書き下ろし脚本による舞台「文豪ストレイドッグス DEAD APPLE」開幕
(C)舞台「文豪ストレイドッグス DEAD APPLE」製作委員会

原作・朝霧カフカ書き下ろし脚本による舞台「文豪ストレイドッグス DEAD APPLE」開幕
(C)舞台「文豪ストレイドッグス DEAD APPLE」製作委員会

一方、ポートマフィアでもこの事件を追い、芥川龍之介が指令を受けていた。発生した霧は、異能力者から異能を奪う力があるというのだ。芥川へ中原中也から下された指令は、澁澤の打倒でなく、澁澤をヨコハマに招き入れた罪人・太宰 治の殺害だった。浅からぬ想いが太宰にある芥川はその指令に驚愕するも、自らの異能を取り戻すべく、太宰らのいる”骸砦”へと向かう。
それぞれの目的を果たすため、探偵社、ポートマフィアが動き出す中、”骸砦”で澁澤と相見える太宰。そしてそこへ現れる魔 人・フョードル。白い衣裳を纏った三人は舞台上でも特出して異彩を放つ。高い思考を持つ三人の腹を探り合うような会話の テンポが見ている観客を舞台へと引き込む。

原作・朝霧カフカ書き下ろし脚本による舞台「文豪ストレイドッグス DEAD APPLE」開幕
(C)舞台「文豪ストレイドッグス DEAD APPLE」製作委員会

原作・朝霧カフカ書き下ろし脚本による舞台「文豪ストレイドッグス DEAD APPLE」開幕
(C)舞台「文豪ストレイドッグス DEAD APPLE」製作委員会

原作・朝霧カフカ書き下ろし脚本による舞台「文豪ストレイドッグス DEAD APPLE」開幕
(C)舞台「文豪ストレイドッグス DEAD APPLE」製作委員会

今作では、敦、鏡花、芥川が乖離した異能を通じてそれぞれの「壁」と対峙し、それを乗り越えるさまが描かれている。2017 年の初演以来、エバーグリーンな輝きを放ち続ける中島 敦役の鳥越裕貴。今回は敦の内面奥深くに芽生える苦悩に寄り添う姿を、見事に体現している。その過程で、乖離した異能力”月下獣”に立ち向かい、自らの過去を受け入れていく敦。ラストに鳥越が魅せる”生命の輝き”は、まさしく舞台ならではの熱量だといえる。

元ポートマフィアの暗殺者、泉 鏡花役・ 桑江咲菜が小柄な体躯を生かしながら舞台を縦横無尽に駆ける様子は”文ステ”シリーズではおなじみ。霧の中、鏡花は”両親の仇”である異能”夜叉白雪”と相対する。「鏡花の両親と”夜叉白雪”の真相」に触れ、本当の意味で自らの異能を取り戻す鏡花。鏡花の深い内面を表出させる桑江の熱演は、”文ステ”の新たな魅力となった。

原作・朝霧カフカ書き下ろし脚本による舞台「文豪ストレイドッグス DEAD APPLE」開幕
(C)舞台「文豪ストレイドッグス DEAD APPLE」製作委員会

原作・朝霧カフカ書き下ろし脚本による舞台「文豪ストレイドッグス DEAD APPLE」開幕
(C)舞台「文豪ストレイドッグス DEAD APPLE」製作委員会

今作において、映画と大きく異なって描かれるのがポートマフィアの2人だ。橋本祥平演じる芥川は、異能を喪うという窮地にあっても、ブレることのない意志を以て任務にあたる。橋本の持つクールかつソリッドな魅力はこれまで同様、今作では、一層ストイックな芥川を好演している。また、植田圭輔演じる中也との絡みでは、これまであまり出すことのなかった“後輩顔“もちらりと覗かせる。この点もファンがこれまで見たことのなかった”芥川像”となるのではなかろうか。

その中也は作中で八面六臂の大活躍を見せる。演じる植田圭輔の運動神経の高さはもちろん、特筆すべきは”文ステ”初となる「フライング演出」への挑戦だ。舞台表現が難しい「龍」との対決、異能力”汚濁”の発動を、プロジェクションマッピングとの 合わせ技で見事に表現している。劇中歌に合わせた一連のステージングは、原作を見たファンであれば、その再現度に感嘆するに違いない。併せて今作では、原作にはなかったアクションシーンや、幹部然とした中也の一面が追加されている。アンサンブルとともに魅せる大立ち回りにもぜひ注目いただきたい。

原作・朝霧カフカ書き下ろし脚本による舞台「文豪ストレイドッグス DEAD APPLE」開幕
(C)舞台「文豪ストレイドッグス DEAD APPLE」製作委員会

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

トレンドニュースランキング

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2021年4月16日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。エキサイトニュースは、最新ニュースをすばやくお届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。