review

朝ドラ『おちょやん』人気者になった千代と仕事の岐路に立たされる一平 明暗分かれた元夫婦


朝ドラ『おちょやん』人気者になった千代と仕事の岐路に立たされる一平 明暗分かれた元夫婦
写真提供/NHK

制作現場のドタバタに気づくことなく、鶴亀新喜劇劇団員、岡福の人たち、栗子(宮澤エマ)春子(毎田暖乃)が各々ラジオに集まって熱心に聞いている。劇団員たちは当郎のネタをいっしょにやって喜んでいるところがさすが俳優。宗助(名倉潤)第106回に続き、喜びをオーバーに表現する。

かつて、いつも影に隠れて、おとなしくしていた宗助が戦後、商売替えしてからは折につけ存在をアピールするようになったところが微笑ましい。シズ(篠原涼子)なんて頬杖突いて少女に戻ってしまっている。それにしてもなぜ画面が出ないにもかかわらず、ラジオに近づいてラジオを見ながら聞いてしまうのだろう。

周囲の人たちが俄然変わる

朝ドラに出ると、視聴者から役名で呼ばれるようになると俳優が言う話をよく聞く。ドラマと現実が混ざってしまう人も中にはいて、貧しい役宛にお米が届いたり、意地悪姑に抗議の手紙が届いたり、それだけ全国放送、しかもNHKは注目されている。

『おちょやん』の千代も街で「お母ちゃん」と呼ばれるようになる。「今日はお父ちゃんは一緒ちゃうねんな」と聞かれるところがまさに、ドラマと現実をごっちゃにしている現れ。千代と当郎のモデル、浪花千栄子と花菱アチャコも夫婦と勘違いされたことがあったとか。

栗子の近所の人たちなんて、1話の放送を聞いたら急に集まってきてちやほや。人って本当に簡単に変わるものである。でも千代が人気者になってよかった。満たされた笑顔が見ていて気持ちいい。

【関連記事】『おちょやん』105回 紫のバラの人は栗子だった カタストロフィーからカタルシスへ――見事な逆転劇
【関連記事】『おちょやん』104回 塚地武雅の明るさも大きく寄与 ドラマのムードをクリアーに変えた6つの要因
【関連記事】『おちょやん』103回 華丸大吉も拍手 当郎という狂言回しの登場で、千代が主役として輝ける環境が整う



■杉咲花(天海千代役)プロフィール・出演作品・ニュース
■成田凌(天海一平役)プロフィール・出演作品・ニュース
■名倉潤(岡田宗助役)プロフィール・出演作品・ニュース
■宮澤エマ(上田栗子役)プロフィール・出演作品・ニュース
■西川忠志(熊田役)プロフィール・出演作品・ニュース
■塚地武雅(花車当郎役)プロフィール・出演作品・ニュース
■川添公二(富岡竜兵役)プロフィール・出演作品・ニュース
■久保田悠来(四ノ宮一雄役)プロフィール・出演作品・ニュース
■国木田かっぱ(仲人・木村役)プロフィール・出演作品・ニュース
■野田晋市(林田伸一郎役)プロフィール・出演作品・ニュース
■渋谷天笑(須賀廼家天晴役)プロフィール・出演作品・ニュース
■大川良太郎(漆原要二郎役)プロフィール・出演作品・ニュース
■松本紀代(石田香里役)プロフィール・出演作品・ニュース
■前田旺志郎(松島寛治役)プロフィール・出演作品・ニュース
■藤山扇治郎(須賀廼家万歳役)プロフィール・出演作品・ニュース
■小西はる(天海灯子役)プロフィール・出演作品・ニュース
■木村風太(富川一福役)プロフィール・出演作品・ニュース
■大橋梓(長女・京子役)プロフィール・出演作品・ニュース
■辻凪子(次女・乙子役)プロフィール・出演作品・ニュース
■久保田直樹(三男・浜三役)プロフィール・出演作品・ニュース
■久保山知洋(長男・米太郎役)プロフィール・出演作品・ニュース
■細田龍之介(次男・清二役)プロフィール・出演作品・ニュース
■大石昭弘 プロフィール・出演作品・ニュース
■生瀬勝久(長澤誠役)プロフィール・出演作品・ニュース
■篠原涼子(岡田シズ役)プロフィール・出演作品・ニュース

■桂吉弥(黒衣役)ニュース


※次回108回のレビューを更新しましたら、Twitterでお知らせします。
お見逃しのないよう、ぜひフォローしてくださいね

番組情報

連続テレビ小説『おちょやん

<毎週月曜~土曜>
●総合 午前8時~8時15分
●BSプレミアム・BS4K 午前7時30分~7時45分
●総合 午後0時45分~1時0分(再放送)
※土曜は一週間の振り返り

<毎週月曜~金曜>
●BSプレミアム・BS4K 午後11時~11時15分(再放送)

<毎週土曜>
●BSプレミアム・BS4K 午前9時45分~11時(再放送)
※(月)~(金)を一挙放送

<毎週日曜>
●総合 午前11時~11時15分
●BS4K 午前8時45分~9時00分
※土曜の再放送

:八津弘幸
演出:梛川善郎
音楽:サキタハヂメ
主演: 杉咲花
語り・黒衣: 桂 吉弥
主題歌:秦 基博「泣き笑いのエピソード」


Writer

木俣冬


取材、インタビュー、評論を中心に活動。ノベライズも手がける。主な著書『みんなの朝ドラ』『ケイゾク、SPEC、カイドク』『挑戦者たち トップアクターズルポルタージュ』、構成した本『蜷川幸雄 身体的物語論』『庵野秀明のフタリシバイ』、インタビュー担当した『斎藤工 写真集JORNEY』など。ヤフーニュース個人オーサー。

関連サイト
@kamitonami

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

トレンドニュースランキング

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

おちょやん

おちょやん

NHK「連続テレビ小説」第103作目の作品。女優の道にすべてを懸ける杉咲花演じるヒロインが、喜劇界のプリンスと結婚。昭和の激動の時代に、大家族のような劇団生活を経て、自分らしい生き方と居場所を見つけていく。2020年11月30日~放送中。

2021年5月4日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。エキサイトニュースは、最新ニュースをすばやくお届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。