劉翔、世界陸上で繰り上げ銀…「ハプニングなければオレが金」

       
 韓国・大邱(テグ)市で開催中の陸上の世界選手権では29日夜、男子110メートル障害の決勝が行われ、1着のキューバのダイロン・ロブレス選手が、隣のレーンの走者、劉翔選手の手に接触、走路妨害したとして失格になるハプニングがあった。同レースで3着だった劉選手は、ロブレス選手の失格により、銀メダルに繰り上がったが、レース後のインタビューで「ハプニングがなければ金メダルを取れていたはず」などと語っていたことが分かった。人民網などが報じた。

 決勝レースでは、第5レーンのロブレス選手が、9台目のハードル付近で、第6レーンの劉選手の手に接触。劉選手はその後失速したとされる。レースは、ロブレス選手が1着、劉選手は、ジェイソン・リチャードソン選手(米国)の2着に続く3着だった。しかし、その後の写真判定の結果、ロブレス選手の劉選手への接触が走路妨害と見なされ、リチャードソン選手、劉選手の順位はそれぞれ繰り上げられた。再レースの提案もあったというが、リチャードソン選手、劉選手らは「ほかの選手に不公平」として同意しなかったと伝えられた。

 劉翔選手は、レースの結果について、「ラストスパートをかけるつもりだったが、まさかあんなハプニングがあるとは。もしもハプニングがなければ、私は金メダルを取れたはず」と悔しさをにじませたが、「レースは千変万化。誰にも結果は分からない。今回が銅メダルだったとしても私は満足」などと語り、親友・ロブレス選手に恨みはないと示した。(編集担当:青田三知)

【関連記事・情報】
中国版ツイッターのフォロワー数ランキング、トップは劉翔(2011/08/21)
世界陸上、「ノーメダル開催国」という不名誉の危機―韓国メディア(2011/08/31)
室伏がハンマー投げで金「アジアの自尊心」「うらやましい」=韓国(2011/08/30)
英雄の復活、観客席「阿鼻叫喚」でボロボロに―中国・劉翔選手(2009/10/26)
北京五輪棄権の劉翔選手に「罵声」―国政会議欠席で(2009/03/10)

あわせて読みたい

サーチナの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2011年8月30日の中国記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。