トイレットペーパーをごみ箱に捨てない日本人、「良い習慣だ」=中国メディア

トイレットペーパーをごみ箱に捨てない日本人、「良い習慣だ」=中国メディア
中国メディアは、「なぜ日本人はトイレットペーパーをごみ箱に捨てないのか」と題する記事を掲載した。(イメージ写真提供:123RF)(サーチナ)
 中国ではアジアの他の国や地域と同じようにトイレットペーパーを流さずにごみ箱に入れる習慣がある。流すと詰まってしまう恐れがあるからだが、中国メディアの快資訊は15日、「なぜ日本人はトイレットペーパーをごみ箱に捨てないのか」と題する記事を掲載した。

 日本ではトイレットペーパーをトイレに流すのが常識だが、中国ではごみ箱に捨てるため、記事によると中国人のなかには日本のトイレで空のサニタリーボックスを見て「日本人はトイレットペーパーを使わない民族なのか」と思う人もいるそうだ。

 記事の中国人筆者は、日本人がトイレットペーパーを流す理由について、「そのほうが衛生的」と指摘。中国では、トイレの臭いが気になることが多々あるが、1つにはトイレットペーパーを流さずにごみ箱に捨てているからだ。しかも、ふたがないごみ箱を使用している場合が多い。記事は、流すようにすれば臭いが気にならず、清潔な状態を保ちやすいと日本の習慣を高く評価している。

 また、日本では「流せる環境がある」ためとも分析。トイレットペーパーが水溶性であることを指摘している。日本では携帯用のティッシュペーパーも、水に溶けやすく水洗トイレで使えるようになっているものが多い。また、水道管も中国は細くて詰まりやすいが、日本は太いため流せるという事情もあるとしている。

 しかし、中国でも最近では日本のようにトイレットペーパーを流せる住宅が増えているようだ。水道管もかなり改良されてきており、トイレの水圧も強いものが増えてきているためだが、いずれにしても衛生面では中国はまだまだ日本を見習うところが多いようだ。記事は、流す際にはトイレのふたを閉めることや、トイレから出たら手を洗うなど衛生に気を付けるように呼び掛けている。中国では、公共のトイレなどで手を洗わずに出て行ってしまう人をいまだに多く見かける。トイレをはじめ、衛生面の意識に関しては、几帳面な日本人は良いお手本になっているようだ。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)


【関連記事】
日本の輸出規制強化によって浮き彫りになった「韓国の残酷な事実」=中国メディア
新幹線に乗ってみた! ついでに「中国高速鉄道と比較してみた」=中国メディア
韓国で日本製品の不買運動、中国ネットの反応は「意志力には敬服するが・・・」
もし日本と韓国が軍事衝突したら・・・勝利を収めるのはどちらか=中国メディア
冷え込む日韓関係、「日本企業は中国寄りになり、韓国から離れていく」=中国メディア

あわせて読みたい

気になるキーワード

サーチナの記事をもっと見る 2019年7月18日の中国記事

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。