このランプにこのドアハンドル見たことある! ウン千万級スーパーカーなのに日本車の「部品」が流用されているクルマ4台

このランプにこのドアハンドル見たことある! ウン千万級スーパーカーなのに日本車の「部品」が流用されているクルマ4台
拡大する(全10枚)

この記事をまとめると
■国産大衆車のパーツがスーパーカーに使用されていたケースがある



■デザインが自然に馴染んでおり、言われないとわからないような物も



■元のパーツの値段は安価なはずだが、流用先のメーカーから取り寄せた際の金額は不明だ



そのパーツ、じつはお馴染みのあのクルマと一緒でした

先日発表された“軽タハム”ことケータハム セブン170は先代に引き続きスズキ製の660ccエンジンが搭載され、日本国内では軽自動車として登録できるモデルとして話題を集めている。



このランプにこのドアハンドル見たことある! ウン千万級スーパ...の画像はこちら >>



先代モデルのセブン160はジムニーなどに搭載されたK6Aターボエンジンが搭載されていたが、今回登場したセブン170には新世代のR06Aターボエンジンに置き換えられ、日本の自主規制値にとらわれない85馬力を発生したことも知られるところだ。



このように、じつは日本車から流用されたパーツを備える輸入車は実は珍しいことではない。とくに少量生産のスーパーカーやスポーツカーにおいてはこの傾向が顕著なのだが、これは少量生産だけにすべてのパーツを専用開発するよりも、すでに存在する(イメージに合った)パーツを流用する方がコストが抑えられるというのが大きな理由のひとつのようだ。



そこで今回は、輸入車に流用されている日本車のパーツをピックアップしてご紹介しよう。



1)ロータス エスプリ

ボンドカーとして活躍したことでも知られるロータス エスプリには、日本でも人気の車種のパーツが使われていることは有名なエピソードのひとつだろう。


この記事の画像

「このランプにこのドアハンドル見たことある! ウン千万級スーパーカーなのに日本車の「部品」が流用されているクルマ4台」の画像1 「このランプにこのドアハンドル見たことある! ウン千万級スーパーカーなのに日本車の「部品」が流用されているクルマ4台」の画像2 「このランプにこのドアハンドル見たことある! ウン千万級スーパーカーなのに日本車の「部品」が流用されているクルマ4台」の画像3 「このランプにこのドアハンドル見たことある! ウン千万級スーパーカーなのに日本車の「部品」が流用されているクルマ4台」の画像4
「このランプにこのドアハンドル見たことある! ウン千万級スーパーカーなのに日本車の「部品」が流用されているクルマ4台」の画像5 「このランプにこのドアハンドル見たことある! ウン千万級スーパーカーなのに日本車の「部品」が流用されているクルマ4台」の画像6 「このランプにこのドアハンドル見たことある! ウン千万級スーパーカーなのに日本車の「部品」が流用されているクルマ4台」の画像7 「このランプにこのドアハンドル見たことある! ウン千万級スーパーカーなのに日本車の「部品」が流用されているクルマ4台」の画像8
「このランプにこのドアハンドル見たことある! ウン千万級スーパーカーなのに日本車の「部品」が流用されているクルマ4台」の画像9 「このランプにこのドアハンドル見たことある! ウン千万級スーパーカーなのに日本車の「部品」が流用されているクルマ4台」の画像10
編集部おすすめ

当時の記事を読む

WEB CARTOPの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「スズキ」に関する記事

「スズキ」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「スズキ」の記事

次に読みたい「スズキ」の記事をもっと見る

経済ニュースランキング

経済ランキングをもっと見る
お買いものリンク