bit

これぞ日本ならではのロボット? 「鬼婆ロボット」

これぞ日本ならではのロボット? 「鬼婆ロボット」
「アイボ」や「ASHIMO」も登場で身近な存在になったロボット。現在、開催されている愛・地球博も別名「ロボット博」といわれるくらい多くのロボットたちが集まっている。

そんなロボット大国、日本になんともディープなロボットがいた。
福島県二本松市のレジャー観光施設「安達ケ原ふるさと村」の「黒塚劇場」にある「鬼婆ロボット」である。

「安達ケ原ふるさと村」は「黒塚劇場」のある伝承館や武家屋敷、農村生活館、水車小屋など10以上の施設があるが中でも人気があるのがこの「黒塚劇場」なのだそうだ。ここでは安達ガ原に伝わる鬼婆伝説を最新エレクトロニクスを駆使した鬼婆ロボットと人形で上演しているのだ。
鬼婆とロボットという組み合わせが何とも日本的。

鬼婆ロボットを作ったのは愛・地球博で注目をあびている人間そっくりの受付嬢ロボット、アクトロイドを作っている株式会社ココロ
皮膚の部分はシリコン製で表情はリアル。薄暗い中で着物をまとった老婆の姿は劇の進行とともに額から角を生え、顔がゆがみ鬼婆へと変身。薄暗闇の中の老婆……子どもだったら確かにこれだけで怖い。さすが、アクトロイドを作った会社ならではである。
ロボットがトランペットを吹いたり、人間そっくりで会話ができるヒュマノイド型がある一方で鬼婆ロボットがあるというのは何とも日本的。万博の今年も是非多くの観客を楽しませて欲しいものである。

そしてやはりここ「安達ガ原ふるさと村」にもマスコットが。もちろん鬼婆をモチーフにしたものでその名も「バッピーちゃん」。「バッピーちゃん」は鬼婆というよりは頭にちょこんと小さな角のある子鬼の女の子。キーホルダーや携帯電話のストラップはおみやげの主力商品になっているそうだ。実はこの「バッピーちゃん」は2代目。初代はガングロで包丁をもっていたため子どもたちに「怖い」と不評だったとのことでかわいらしい2代目の登場となったとのこと。怖いものは見るだけで十分ということなのかもしれない。(こや)

<安達ガ原の鬼婆伝説とは>
鬼婆伝説は実は悲しい母娘の物語。病気の姫を救うには「妊婦の生胆が必要」という易者の言葉を信じ、ある老乳母が生肝を奪うために妊婦を求め安達ゲ原までやってきた。ようやく手に入れることができた妊婦の生肝。しかし襲った相手は実は生き別れた娘でその後、老乳母は気が狂い鬼と化してしまったというもの。

あわせて読みたい

記事提供社から

この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

コネタニュースアクセスランキング

コネタランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース