bit

懐かしの味? ロバのパン屋さんの秘密を探る

「ロバ〜のお〜じさん、チンカ〜ラリン♪」という曲が聞こえるとなぜかソワソワしてしまう、という人は多いと思う。
この音楽を鳴らしながら走ってくるのは、「ロバのパン屋さん」通称「ロバパン」。

ロバパンとは関西での販売を中心にした「移動するパン屋さん」の事で、上記の音楽を鳴らしながら車での販売を行っている。
販売開始は1951年と案外歴史が深いため、恐らく関西の人間なら子供の頃に一度は食べたことがあるはずだ。
売っているのはロバの入ったパンではなく、蒸しパン風の菓子パン。普通のパンに見えるが、ところがこのパン、なかなか一筋縄ではいかない一品なのだ。

「ロバパン」のパンは、皮がポン!と弾けたような独特な形をしているのが特徴で、食べると甘くてとても柔らかい。
パンの種類は「あんぱん」「抹茶あん」に「クリーム」「チーズ」など、種類も豊富。人気は「レーズンカステラ」とのことで、これも優しい味がする。
さらにパン系だけじゃなく「みたらしだんご」なども販売していて、意外と手広い。

その製造方法は? と伺ったところ、「パンの素」を使って作るというシンプルな回答をいただいた。
しかしこの「パンの素」、原材料と配合量は秘伝中の秘伝で当主しか知ることができないという「魔法の粉」なのだ。
実際、現当主も前当主が病床に付くまで配合量などを知る事ができなかったという徹底ぶり。
いつ食べても思い出の味と同じ、というのにはこんな秘密があったのだ。
パンを味わっても「一子相伝」という厳格な雰囲気は伝わってこないが、ひそかな努力が「ロバパン」を支えていたのである。

今でこそ車で売りに回っているが、かつては本当にロバが引いていたという。
だからロバパン。シンプルな命名方法がいい。
その風景を浮かべてみると、何とも懐かしい感じがする。
現在でも関西、特に京都市内を中心に車で販売を行っているらしい。
ただし朝から晩まで色々な場所を回っているため、巡り会えるかどうかはまさに運。
冒頭のテーマソング、「♪チンカ〜ラリン」の音楽が聞こえてきたら、すぐに外を捜せば出会えるかもしれない。
(のなかなおみ)

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る 2005年9月27日のコネタ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

コネタニュースアクセスランキング

コネタランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

おもしろの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース